2018年08月01日 (水) | Edit |
今回は、毎月恒例の
「レラティブ・ストレングス投資」
の運用報告をご報告したいと思います。

1.運用成績
評価日レラティブ・ストレングス野村インデックスF新興国株式
評価額投資額損益率評価額投資額損益率
2018年8月1,762,6401,296,000136.0%555,183420,000132.2%
2018年7月1,717,3301,281,000134.1%523,890415,000126.2%
2018年6月1,716,5791,266,000135.6%544,378410,000132.8%
2018年5月1,722,5861,251,000137.7%554,011405,000136.8%
2018年4月1,687,4031,236,000136.5%544,931400,000136.2%
2018年3月1,717,0781,221,000140.6%563,175395,000142.6%
2018年2月1,795,1781,206,000148.9%582,389390,000149.3%
2018年1月1,742,4541,191,000146.3%554,892385,000144.1%
2017年12月1,695,7081,176,000144.2%537,849380,000141.5%
2017年11月1,651,9871,161,000142.3%526,371375,000140.4%
2017年10月1,568,3381,146,000136.9%499,952370,000135.1%
2017年9月1,525,2211,131,000134.9%490,534365,000134.4%
2017年8月1,506,1051,116,000135.0%473,383360,000131.5%
2017年7月1,471,4821,101,000133.6%451,087355,000127.1%
2017年6月1,432,8161,086,000131.9%439,559350,000125.6%
2017年5月1,385,6861,071,000129.4%421,654345,000122.2%
2017年4月1,357,2741,056,000128.5%413,286340,000121.6%
2017年3月1,336,6761,041,000128.4%398,617335,000119.0%
2017年2月1,294,5651,026,000126.2%385,251330,000116.7%
2017年1月1,267,6711,011,000125.4%364,171325,000112.1%
2016年12月1,199,782996,000120.5%348,901320,000109.0%
2016年11月1,138,267981,000116.0%338,845315,000107.6%
2016年10月1,146,408966,000118.7%322,728310,000104.1%
2016年9月1,129,155951,000118.7%319,526305,000104.8%
2016年8月1,134,626936,000121.2%309,535300,000103.2%
2016年7月1,111,977921,000120.7%281,585295,00095.5%
2016年6月1,109,900906,000122.5%289,957290,000100.0%
2016年5月1,100,629891,000123.5%284,600285,00099.9%
2016年4月1,069,066876,000122.0%288,193280,000102.9%
2016年3月1,036,919861,000120.4%255,416275,00092.9%
2016年2月998,898846,000118.1%262,846270,00097.4%
2016年1月1,031,257831,000124.1%284,701265,000107.4%
2015年12月1,026,640816,000125.8%298,221260,000114.7%
2015年11月992,289801,000123.9%291,930255,000114.5%
2015年10月962,751786,000122.5%261,192250,000104.5%
2015年9月1,006,879771,000130.6%270,302245,000110.3%
2015年8月1,069,059756,000141.4%298,593240,000124.4%
2015年7月1,056,496741,000142.6%316,850235,000134.8%
2015年6月1,064,763726,000146.7%322,971230,000140.4%
2015年5月1,024,393711,000144.1%319,761225,000142.1%
2015年4月1,011,916696,000145.4%285,112220,000129.6%
2015年3月986,930681,000144.9%290,284215,000135.0%
2015年2月959,821666,000144.1%276,397210,000131.6%
2015年1月991,320651,000152.3%272,159205,000132.8%
2014年12月954,373636,000150.1%276,556200,000138.3%
2014年11月841,880621,000135.6%250,292195,000128.4%
2014年10月813,952606,000134.3%249,005190,000131.1%
2014年9月796,583591,000134.8%245,737185,000132.8%
2014年8月759,420576,000131.8%234,663180,000130.4%
2014年7月738,949561,000131.7%220,578175,000126.0%
2014年6月708,825546,000129.8%213,106170,000125.4%
2014年5月689,167531,000129.8%201,437165,000122.1%
2014年4月659,704516,000127.8%190,639160,000119.1%
2014年3月664,280501,000132.6%182,910155,000118.0%
2014年2月640,457486,000131.8%173,357150,000115.6%
2014年1月652,445471,000138.5%184,275145,000127.1%
2013年12月612,664456,000134.4%176,672140,000126.2%
2013年11月576,663441,000130.8%169,602135,000125.6%
2013年10月556,595426,000130.7%156,174130,000120.1%
2013年9月510,077411,000124.1%149,400125,000119.5%
2013年8月491,639396,000124.2%138,975120,000115.8%
2013年7月483,281381,000126.8%133,727115,000116.3%
2013年6月484,985366,000132.5%141,402110,000128.5%
2013年5月500,657351,000142.6%133,601105,000127.2%
2013年4月455,527336,000135.6%123,244100,000123.2%
2013年3月394,471321,000122.9%118,05395,000124.3%
2013年2月368,301306,000120.4%113,54990,000126.2%
2013年1月325,806291,000112.0%101,24185,000119.1%
2012年12月289,396276,000104.9%86,75880,000108.4%
2012年11月265,924261,000101.9%78,39275,000104.5%
2012年10月244,348246,00099.3%72,33570,000103.3%
2012年9月223,962231,00097.0%63,69965,00098.0%
2012年8月206,137216,00095.4%58,31660,00097.2%
2012年7月188,750201,00093.9%51,89655,00094.4%
2012年6月170,180186,00091.5%46,18750,00092.4%
2012年5月168,334171,00098.4%47,91645,000106.5%
2012年4月156,061156,000100.0%44,37940,000110.9%
2012年3月139,759141,00099.1%40,10435,000114.6%
2012年2月124,735126,00099.0%31,01930,000103.4%
2012年1月109,514111,00098.7%23,50125,00094.0%
2011年12月94,09596,00098.0%19,67020,00098.4%
2011年11月79,03681,00097.6%15,36715,000102.4%
2011年10月64,19666,00097.3%8,21010,00082.1%
2011年9月49,72951,00097.5%4,3835,00087.7%

2.シグナル結果
種類商品名3,6,12ヶ月
リターン順位
12ヶ月移動平均
売買シグナル
1ヶ月
リターン
日本株式ニッセイ日経平均インデックスファンド2 BUY1.8
日本債券eMAXISSlim国内債券インデックス5 BUY-0.2
日本REITニッセイJリートインデックスファンド4 BUY0.5
先進国株式ニッセイ外国株式インデックスファンド 1 BUY3.9
先進国債券ニッセイ外国債券インデックスファンド6 SELL0.7
外国REIT三井住友・DC外国リート・インデックスファンド 3 BUY0.4
新興国株式eMAXISSlim新興国株式インデックス7 SELL5.0
新興国債券iFree 新興国債券インデックス8 SELL3.1

今月は全体的に上向きに相場が推移したので、前月比プラスの結果で終えることが出来ました。新興国株式についても先月は大きく下げてしまいましたが、その反動もあって大きく値を戻しております。

また6月末時点での上位3銘柄は
「日本株式」
「先進国株式」
「外国REIT」

と、外国リートが久しぶりにランクインする結果となりました。また先進国株式もランク一位となっており、先進国関連の銘柄が強い感じになってきました。

ここ数ヶ月の横ばい相場の中、国内リートには大分助けられておりましたが、ここらで一回休憩という感じでしょうか。とはいえ3位と4位の差はわずかなので、来月にはまた逆転しているかもしれません。

銘柄入れ替えになると税金がかかってしまったりあまり良いことがないのですが、シグナルに従って投資していくのみですね。
さて来月はどうなるでしょうか。


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 PC家電ブログへ
★ご協力お願いします★
2018年07月20日 (金) | Edit |
今回は
「個人型確定拠出年金(iDeCo)の6月の運用状況」
をご紹介したいと思います。

なお投資方法ですが
「レラティブストレングス投資の上位2銘柄の均等投資」
で運用しております。シグナル結果などについては
「レラティブ・ストレングス投資・・・2018年7月運用状況」
をご参照いただければと思います。

また前回更新をさぼった5月の結果も併せてご覧になっていただければと思います。

年月評価額掛金合計手数料投資累計額利回り
投資金ベース掛金ベース
2018年6月139,382 144,000 4,653 139,347 100.0%96.8%
2018年5月127,202 132,000 4,486 127,514 99.8%96.4%
2018年4月117,022 120,000 4,319 115,681 101.2%97.5%
2018年3月102,847 108,000 4,152 103,848 99.0%95.2%
2019年2月94,171 96,000 3,985 92,015 102.3%98.1%
2018年1月85,472 84,000 3,818 80,182 106.6%101.8%
2017年12月71,976 72,000 3,651 68,349 105.3%100.0%
2017年11月58,862 60,000 3,484 56,516 104.2%98.1%
2017年10月46,503 48,000 3,317 44,683 104.1%96.9%
2017年9月33,548 36,000 3,150 32,850 102.1%93.2%
2017年8月20,953 24,000 2,983 21,017 99.7%87.3%

ほぼ横ばいの状況がずっと続いている感じです。掛け金ベースでは依然マイナスの状態が続いていますが、年数が進むにつれて初期費用の割合が減ってきますので、いずれは改善してくるものだと考えております。

さて6月時点のレラティブストレングス投資のシグナルは前回の記事同様に
1.日本株式
2.日本リート

となっておりますので、この2銘柄の均等投資を継続して行っていきたいと思います。

なお個人型確定拠出年金の有用性などについては
「個人型確定拠出年金と個人年金どちらが税制面で得か(まとめ)」
をご参照いただければ幸いです。またおすすめの運用会社については
「確定拠出年金(iDeCo)の運用にオススメの金融機関(2018年編)」
にあるとおり現状ではマネックス証券がオススメです。

また来月運用報告をさせていただければと思いますのでよろしくお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 PC家電ブログへ
★ご協力お願いします★
2018年07月18日 (水) | Edit |
以前
「ANAJCBプリペイドを使って還元率2.5%強を達成する方法」
の記事をご紹介させていただいた際に、バイヤー様のコメントでもご紹介があった、巷で話題の
「Kyash」
というプリペイド型のクレジットカードを申し込み、先日カードが届きましたので、ご報告させていただきます。
kyash_card.jpg

このカードは
「還元率が2%」
という高い還元率に加えて、クレジットカードからのチャージにも対応していることから
「クレジットカードのポイントと2重取りできる」
ため、還元率が
「2%+α」
となる点が最大の特徴です。

私はKyashにチャージをするクレジットカードとして
「公共料金支払い用にオススメのクレジットカード紹介」
で紹介した
「Reader's Card」
を用いているのですが、まだ実際にクレジットカードのポイントが付与されるのかどうか確認できておりません。ポイントの付与が確認でき次第まだ記事にさせていただければと思います。

デメリットとしてはKyashの
「1回あたりの支払い上限は3万」
「月あたりの利用上限は12万」
「有効期限内(5年)利用上限は100万」

ということで、
「高額な決済にはほとんど利用できない」
という点が欠点です。

とはいえ普段使いにはもってこいのカードだと思いますので、興味を持った方は試しに発行してみてはいかがでしょうか。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 PC家電ブログへ
★ご協力お願いします★