2018年04月01日 (日) | Edit |
今回は、いつも恒例の
「レラティブ・ストレングス投資」
の運用報告をご報告したいと思います。

1.運用成績
評価日レラティブ・ストレングス野村インデックスF新興国株式
評価額投資額損益率評価額投資額損益率
2018年4月1,687,4031,236,000136.5%544,931400,000136.2%
2018年3月1,717,0781,221,000140.6%563,175395,000142.6%
2018年2月1,795,1781,206,000148.9%582,389390,000149.3%
2018年1月1,742,4541,191,000146.3%554,892385,000144.1%
2017年12月1,695,7081,176,000144.2%537,849380,000141.5%
2017年11月1,651,9871,161,000142.3%526,371375,000140.4%
2017年10月1,568,3381,146,000136.9%499,952370,000135.1%
2017年9月1,525,2211,131,000134.9%490,534365,000134.4%
2017年8月1,506,1051,116,000135.0%473,383360,000131.5%
2017年7月1,471,4821,101,000133.6%451,087355,000127.1%
2017年6月1,432,8161,086,000131.9%439,559350,000125.6%
2017年5月1,385,6861,071,000129.4%421,654345,000122.2%
2017年4月1,357,2741,056,000128.5%413,286340,000121.6%
2017年3月1,336,6761,041,000128.4%398,617335,000119.0%
2017年2月1,294,5651,026,000126.2%385,251330,000116.7%
2017年1月1,267,6711,011,000125.4%364,171325,000112.1%
2016年12月1,199,782996,000120.5%348,901320,000109.0%
2016年11月1,138,267981,000116.0%338,845315,000107.6%
2016年10月1,146,408966,000118.7%322,728310,000104.1%
2016年9月1,129,155951,000118.7%319,526305,000104.8%
2016年8月1,134,626936,000121.2%309,535300,000103.2%
2016年7月1,111,977921,000120.7%281,585295,00095.5%
2016年6月1,109,900906,000122.5%289,957290,000100.0%
2016年5月1,100,629891,000123.5%284,600285,00099.9%
2016年4月1,069,066876,000122.0%288,193280,000102.9%
2016年3月1,036,919861,000120.4%255,416275,00092.9%
2016年2月998,898846,000118.1%262,846270,00097.4%
2016年1月1,031,257831,000124.1%284,701265,000107.4%
2015年12月1,026,640816,000125.8%298,221260,000114.7%
2015年11月992,289801,000123.9%291,930255,000114.5%
2015年10月962,751786,000122.5%261,192250,000104.5%
2015年9月1,006,879771,000130.6%270,302245,000110.3%
2015年8月1,069,059756,000141.4%298,593240,000124.4%
2015年7月1,056,496741,000142.6%316,850235,000134.8%
2015年6月1,064,763726,000146.7%322,971230,000140.4%
2015年5月1,024,393711,000144.1%319,761225,000142.1%
2015年4月1,011,916696,000145.4%285,112220,000129.6%
2015年3月986,930681,000144.9%290,284215,000135.0%
2015年2月959,821666,000144.1%276,397210,000131.6%
2015年1月991,320651,000152.3%272,159205,000132.8%
2014年12月954,373636,000150.1%276,556200,000138.3%
2014年11月841,880621,000135.6%250,292195,000128.4%
2014年10月813,952606,000134.3%249,005190,000131.1%
2014年9月796,583591,000134.8%245,737185,000132.8%
2014年8月759,420576,000131.8%234,663180,000130.4%
2014年7月738,949561,000131.7%220,578175,000126.0%
2014年6月708,825546,000129.8%213,106170,000125.4%
2014年5月689,167531,000129.8%201,437165,000122.1%
2014年4月659,704516,000127.8%190,639160,000119.1%
2014年3月664,280501,000132.6%182,910155,000118.0%
2014年2月640,457486,000131.8%173,357150,000115.6%
2014年1月652,445471,000138.5%184,275145,000127.1%
2013年12月612,664456,000134.4%176,672140,000126.2%
2013年11月576,663441,000130.8%169,602135,000125.6%
2013年10月556,595426,000130.7%156,174130,000120.1%
2013年9月510,077411,000124.1%149,400125,000119.5%
2013年8月491,639396,000124.2%138,975120,000115.8%
2013年7月483,281381,000126.8%133,727115,000116.3%
2013年6月484,985366,000132.5%141,402110,000128.5%
2013年5月500,657351,000142.6%133,601105,000127.2%
2013年4月455,527336,000135.6%123,244100,000123.2%
2013年3月394,471321,000122.9%118,05395,000124.3%
2013年2月368,301306,000120.4%113,54990,000126.2%
2013年1月325,806291,000112.0%101,24185,000119.1%
2012年12月289,396276,000104.9%86,75880,000108.4%
2012年11月265,924261,000101.9%78,39275,000104.5%
2012年10月244,348246,00099.3%72,33570,000103.3%
2012年9月223,962231,00097.0%63,69965,00098.0%
2012年8月206,137216,00095.4%58,31660,00097.2%
2012年7月188,750201,00093.9%51,89655,00094.4%
2012年6月170,180186,00091.5%46,18750,00092.4%
2012年5月168,334171,00098.4%47,91645,000106.5%
2012年4月156,061156,000100.0%44,37940,000110.9%
2012年3月139,759141,00099.1%40,10435,000114.6%
2012年2月124,735126,00099.0%31,01930,000103.4%
2012年1月109,514111,00098.7%23,50125,00094.0%
2011年12月94,09596,00098.0%19,67020,00098.4%
2011年11月79,03681,00097.6%15,36715,000102.4%
2011年10月64,19666,00097.3%8,21010,00082.1%
2011年9月49,72951,00097.5%4,3835,00087.7%

2.シグナル結果
種類商品名3,6,12ヶ月
リターン順位
12ヶ月移動平均
売買シグナル
1ヶ月
リターン
日本株式ニッセイ日経平均インデックスファンド2 BUY-2.1
日本債券eMAXISSlim国内債券インデックス5 BUY0.1
日本REITニッセイJリートインデックスファンド3 BUY-0.5
先進国株式ニッセイ外国株式インデックスファンド 6 SELL-4.3
先進国債券ニッセイ外国債券インデックスファンド7 SELL0.6
外国REIT三井住友・DC外国リート・インデックスファンド 8 SELL1.7
新興国株式eMAXIS新興国株式インデックス1 BUY-4.1
新興国債券iFree 新興国債券インデックス4 BUY-0.3
※新興国株式は購入ファンドは「投資コストが低いSBI証券のインデックスファンド(2017年版)」で紹介したファンドを購入していきますが、まだ1年分の基準価格がなく、数値の計算ができないので、以前の購入ファンドの数値で計算しております。
今月の運用成績もマイナスとなり、損益率は去年の10月の段階まで戻ってしまいました。これがまだ良いと思うのか悪いと思うのかは人それぞれだと思いますが、個人的にはまぁそこそこ踏みとどまっているのかなと思っております。

しかし3月末のシグナルをみると
「先進国株式がついにSELLシグナル」
となってしまいました。

現在の基準価格と移動平均値をみてみると
「先進国関連は全部SELLシグナル」
となってしまい、アメリカの金利上昇やそれに伴う円高などの影響などがあるのかなと思っております。

かわりに3位になったのが国内リートです。ここ数ヶ月相当くすぶっていて、最近やっとBUYシグナルになった銘柄です。今月からは先進国株式を外す代わりに国内リートを加えて、
「日本株式」
「日本リート」
「新興国株式」

の3銘柄に均等投資していきたいと思います。


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 PC家電ブログへ
★ご協力お願いします★
2018年03月26日 (月) | Edit |
dポイントが最大25倍もらえる
「dポイント春のスーパーチャンス」
のキャンペーンについては、
「ひかりTVショッピングで大量ポイント還元セール中!」
「PS4で快適にゲームが出来るようにSSDと有線ハブを購入しました」

などの記事でご紹介させていただいているのですが、今回はそのキャンペーンの一つである
「買い回り10店舗を達成しました」
のでそのご報告と実際に買い回った際の感想などをご紹介させていただければと思います。

【買い回り店舗】
買い回った店舗は専用ページで確認できるのですが、私の場合は下記のとおりです。
d_kaimawari.jpg
それぞれ何を買ったかなど簡単にご紹介させていただきます。括弧は買い物によって取得できた基本dポイントです。

1.マクドナルド(16pt)
子供とたまに一緒に行くので、その時にポイントをためました
2.ローソン(6pt)
昼ご飯を買いました
3.ひかりTVショッピング(334pt)
購入内容は
「ひかりTVショッピングで大量ポイント還元セール中!」
のとおりです。
4.ノジマ(5pt)
実家に行く途中わざわざ寄って買い物しました。
正直ノジマオンラインの方が色々安かったので買う気が起こらなかったのですが、仕方ないので500円分の電池を買いました。
5.ノジマオンライン(128pt)
購入内容は
「PS4で快適にゲームが出来るようにSSDと有線ハブを購入しました」
のとおりです。
6.ローソンストア100(0pt)
これも家の近くにないので出張の帰りによって買いました。ボーナスポイントが10ポイントつくジュースを買いました。
買い回り対象店舗となるには1回の買い物で3pt以上獲得しないといけないので、本来ローソンストア100で買い回り対象店舗にするためには600円(税抜)以上の買い物が必要になってきます。しかし648円以上の買い物をしようにも欲しいものが全くなく、今回モノは試しと思い、ボーナスポイントのつく商品を購入したところ、買い回りにカウントされましたので、買うものがなければボーナスポイント狙いで店舗稼ぎをする方法もできることがわかりました。
7.dショッピング(36pt)
洗剤を買いました。dショッピングは基本的に楽天より高いので、今回のボーナスポイントが無ければ正直楽天で買った方が良いと思います。
8.サンプル百貨店(25pt)
マスクを買いました。近隣店舗と楽天などで比較し安かったのでここで買いました。
9.ORIHIRA(3pt)
靴下を買いました。これは結構安かったのでお得だったと思います。
10.マツモトキヨシオンライン(24pt)
シャンプーを買いました。ただこれも楽天より高かったので、ボーナスポイントが無ければ買わなかったと思います。

【感想】
1.対象店舗が少ないので買うものが無くて困る
今回買った買い物のうち本当に買いたいなと思っていたのは
「ひかりTVショッピングで大量ポイント還元セール中!」
「PS4で快適にゲームが出来るようにSSDと有線ハブを購入しました」

で紹介したものだけで、それ以外の商品は買い回りを増やすために仕方なしに購入したものがほとんどです。
買い回りなので仕方なしに購入する商品がどうしてもでてくるのですが、その際重視するのが
「将来絶対に使うであろう商品を買う」
ということで、そうした商品は洗剤などの日用品やお米などの食料品になってくるのですが、dポイントの買い回りは楽天の買い回りと比較すると店舗数が少ないのもあって、
「商品の選択肢が少ない」
ので店舗数の多い楽天の買い回りよりも難易度が高かったと思います。また商品があっても
「価格が高ければ意味が無い」
です。dポイントの買い回り店舗は楽天の店舗よりも単価が高めなので、その辺の商品選びがかなりシビアでした。

2.遠征に行かないと10店舗達成が困難
今回は2店舗遠征しています。交通費や手間などを考えるとお得であったかどうかは微妙でした。できればネットの店舗とローソン、マクドナルドだけで10店舗達成したいところではあります。しかしなんども申し上げますが
「ネットの対象店舗数も少ない」
のでやっぱり難しいというのが正直なところです。

3.端数はdポイントで支払うのがよさそう
d払いの場合、取得dポイントは端数切り捨てなので、端数でポイントを使用することで、取得ポイントを減らさずにポイントを使用することができます。ポイントを消化する意味でも端数には積極的にポイントを使っていくのが良いと思います。

以上をまとめると
「還元率は最高だけど、達成難易度は高い」
というのがdポイントキャンペーンの感想でした。まぁ難易度が高いからこそ高還元率を維持しているのだと思いますが、これにチャレンジするには相当準備をしないと、無駄な買い物をしてしまう確率が相当高いと思います。

さて今回手に入れたdポイントは
「d払い分:547pt」
「街の買い物分:30pt」

なので、今回のキャンペーンでもらえるポイントは
「d払い分:22倍」
「街の買い物分:14倍」

※dカード3倍除く
になりまして、合計すると
「12,454pt」
となりました。ちなみに買い回り分は
「5,770pt」
です。いろいろな苦労を考えると微妙なところではあるのですが、やらないよりはやった方が良かったと思います。

というわけで初めて参戦したdポイントキャンペーンですが、今回程度の購入金額では努力の割に報われない感じがあったので、次回以降は
「もっと高額の買い物を行なった場合」
に限定してチャレンジしていこうかなと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 PC家電ブログへ
★ご協力お願いします★
2018年03月21日 (水) | Edit |
私は最近PS4で発売されたモンスターハンターにはまっております。
モンハン自体はPSPで発売されていた当時はめちゃくちゃやっていたのですが、3DSになってからあまり行わなくなってしまいました。そんな中久しぶりにポータブルではなく家庭用ゲーム機で発売されるということで、発売前にグラフィックなど見るとかなり良い感じだったので、購入してしまったというわけです。

昔いた敵もいて懐かしい感じで楽しくやっているのですが、ゲームをやっていると気になってしまったのが、
「ロード時間の長さ」
です。クエストに行くたび戻る度にロード時間がどうしても気になってしまい、そこで思い立ったのが、
「外付けSSDをPS4に接続する」
ということです。これはもう色々なサイトやYouTubeなどでロード時間が大幅に短縮されると拝見しましたので、是非やってみようということになりました。

またそんな折に、以前の記事
「ひかりTVショッピングで大量ポイント還元セール中!」
でも紹介したように、3月は
「dポイント最大25倍キャンペーン」
を行っていて、3月中に対象店舗を10店舗買い回ることでポイントが増量されるので、これを機にSSDの購入を踏み切った訳です。実は買い回りはまだ未達成の状態なので、10店舗完走した時点でまた記事にしていきたいと思います。

購入店舗はd払いに対応しているノジマオンラインです。他の店舗と比べても比較的安かったことと、なによりd払い+買い回りで20倍近くポイント還元されるのが大きかったので、こちらの店舗で購入しました。
nojimassd.jpg
購入した商品のリンクはこちらです。
「WD Blue 2.5インチ 内蔵SSD 250GB WDS250G2B0A」
「USB3.0接続 2.5型 SATA SSD/HDDケース(ブラック) GW2_5CR-U3」

本当は250GBも必要なかったのですが、USBで外付けするには250GB以上じゃないと認識しないということなので、仕方なかったです。またケースはなんでも良いと思ってましたので、一番安いやつにしました。

取り付け自体はものすごく簡単で、やり方も
「PS4® USB ストレージ機器のサポート」
に書いてあるとおりに行えばすんなり完了しました。

そして気になる効果ですが、SSDにしたら皆様がブログやYouTubeなどで紹介していたように
「ロード時間が大幅に短縮」
されました。モンハンワールドで例えると、クエスト受注してから出発できるまで待たされる時間があるのですが、
「HDDの場合は飯を食べてもまだ出発できない」
「SSDだと飯を食い始める前に準備完了になってしまう」

ということで、飯を食う時間すら無くなってしまいました。なのでSSDにしてからは、出発後キャンプで飯を食べるようになりました。その他集会所やマイハウスへの移動の際のロード時間やクエストクリア後拠点に戻るときのロード時間も大幅短縮されてかなり満足しています。

もう一個買った商品が
「ギガビット対応の有線ハブ」
です。これもノジマオンラインで購入しました。
買った商品は
「ELECOM EHC-G05PA-W-K」
です。理由は一番安かったからです。この商品は私が購入したときは価格コムでもノジマオンラインが最安でしたので、ポイントバックなどを考慮すれば、かなり安く買えたのだと思います。ギガビット対応のハブがこんなにも安くなったというのは正直ちょっと驚きました。
※今の値段は私が買ったときよりさらに安くなっています(少し悔しい...)

これを買った理由は
「無線だとリモートプレイで動作が安定しなかった」
ことです。我が家はテレビが1台しかないので、他の人がテレビをみていると私はリモートプレイでモンハンをせざるを得なくなります。リモートプレイ自体は遅延もほとんど無くて快適なのですが、たまに回線不良で画面が乱れてしまうことがありました。これが理由でクエスト失敗してしまうとストレスが半端なく、精神衛生上良くないと思ったので、これを機にテレビを含めPS4などの有線化をおこなったという訳です。

結果的にはラグはほとんど無くなりました。たまにPC側を無線にしているとラグが起きることもあるのですが、PC側も有線にすればラグはほぼ皆無となったので、少ない投資でここまで改善できたので満足しています。

ちなみにSSDは合計で1万円近くしたので、安い投資ではないと思うのですが、長い目で見れば良い買い物だったのではないかと思っております。

というわけで、今回は1万円近くかけてPS4の動作環境を改善したというお話でした。これを高いと思うか安いと思うかは本当に人それぞれだと思いますが、効果としては間違いなくありましたので、ご興味をもったかたは是非ご検討していただければと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 PC家電ブログへ
★ご協力お願いします★