2020年02月21日 (金) | Edit |
今回は個別株購入銘柄の38回目
「リテールパートナーズ(8167)」
について、購入理由などをご紹介したいと思います。

1.財務安定なスーパー銘柄
この会社は九州地区に拠点をもつスーパーです。スーパーだと基本的には好景気・不景気にかかわらず必要な業態なので、景気には比較的左右されにくいと思います。またこの会社の財務を見てみます。

【換金性の高い資産:421億】
現金:18,684,320千円
売掛金:1,328,471千円
有価証券:8,556,868千円
土地:27,064,904千円
→13,532,452千円(50%を資産として換算)
【負債合計:403億】

ネットネット株には遠く及びませんが、換金性の高い資産(土地は半値の評価をしているので安全域は高めにしています)だけで負債を上回っていて、自己資本比率も67%あるので、当面の資金繰りは問題ないと思います。

2.配当について
この銘柄の配当は1株18~20円、優待が100株で2000円分のギフト券なので、実質的な総合利回りは、現在の株価(816円)では
「4.6~4.9%」
になるので、まぁまぁの利回りです。今後の配当継続性が問題となりますが、
「現状の配当性向は優待券込でも50%を下回った状態」
「売り上げは維持されている」

といった点では問題ないと思います。問題なのは
「販管費の増加」
で主に人件費がその理由のようですが、ここの費用増加については決算のタイミングで見ていかないといけないなと思っています。

3.まとめ
基本的には100株ですし、財務も比較的良好なので、優待で長期保有していきたいと思っています。
財務の安定性や、費用の様子などをみながら保有していきたいと思います。

関連記事


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 PC家電ブログへ
★ご協力お願いします★
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック