2020年02月15日 (土) | Edit |
今回は個別株購入銘柄の37回目
「ユニプレス(5949)」
について、購入理由などをご紹介したいと思います。
2020_yunipuresu001.jpg

1.日産の低迷により業績低迷で株価も下落
ユニプレスは日産向け約8割の自動車用プレスメーカーです。日産の業績低迷は皆さんもご存知の通りですが、その影響もありユニプレスの業績も低迷しており2020年の当期利益は
「前年比70%減の40億」
になってしまいました。この利益水準になることは2009年までさかのぼることになります。株価についても今の価格は2009年代にさかのぼることになるので、株価も業績に追いついて低迷中という感じです。ただ2009年のBPS(約1000円)と今のBPS(約3000円)が全く違うので同じ株価であれば今の方が割安であるといえます。

2.配当について
1株あたりの配当は55円、優待で100株で保有年数に応じて1000~3000円相当の商品がもらえることを考えると、今の株価(1326円)での配当利回りは
「4.9%~6.4%」
となかなかの高配当です。しかしながら今期のEPSが予想で87円と考えると、この配当を維持すると配当性向がかなり高くなります。バランスシートをみても財務的にキャッシュリッチな感じもないので、25円(約2%)程度の減配は覚悟したほうがいいかもしれません。

3.まとめ
今回の決算発表でかなり株価が下落し、一時1200円台まで下がって、かなりの割安水準にあるのは間違いないので、優待目的で購入しました。しかしながら自動車業界全体の行く末が不透明なので、リスクもあると思います。今回そういったリスク緩和のためにユニプレスの購入と同時に同じ自動車業界のハイレックスコーポレーションを売却しました。ハイレックスコーポレーションもかなり強気の来期業績を発表していますが、この地合いから考えると結構厳しいんじゃないかなと想像しています。ユニプレスについては業績の心配もありますが、優待もあるので気長に保有していきたいと思います。
関連記事


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 PC家電ブログへ
★ご協力お願いします★
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック