2019年08月15日 (木) | Edit |
以前の記事
「深センのXiaomi旗艦店(小米之家)でMi band4を買ってきました」
でご紹介したように、先月中国に行った際に購入した
「Miband4」
ですが、約1週間使用してみて、価格の割にかなり便利でしたので、使用してみて感じた感想などをレビューしたいと思います。

1.電池持ちはかなりいい。
心拍数検出は必要ないのでオフにして使用していますが、オフにした場合
「10日で約35%の減少」
しかしません。
miband4001.jpg
なので、
「1か月に1回充電すれば問題ない」
ことになります。私は購入してからまだ1回しか充電してないです。気が向いたタイミングで週末に充電すればいいのでとても気楽です。

2.防水なのが良い
今は暑いので結構汗をかきますし、外で作業をしていると手が汚れたりします。そんな時でも
「時計をつけたまま手を洗っても全く問題ない」
のは気が楽です。さらに時計自体も汗やほこりがついたので洗っていますがとりあえず問題なしです。

また夏場プールに行く機会も多かったのですが、そんな中でも時計をつけっぱなしでいいというのはすごい楽で時間もすぐに把握できるのでとてもよかったです。

3.電話の着信に気づくようになった。
私が購入した最大の理由がこれでした。ポケットでバイブしてても結構気づかず、電話に出られたないことが非常に多かったのでスマートうウォッチを買えばそんな機会は減るのかなと思っていたのですが、かなり効果的でした。
腕で振動した場合だとさすがにきちんと気づくようになり電話に出ることができます。Mibandは着信相手もきちんとディスプレイに表示されるので、とても便利です。LINE電話の着信はデフォルトでは振動してくれないのですが
「Mi Bandage」
というアプリをスマホに入れることでLINE電話の着信通知も可能になります。

4.SMSやメール、LINEの通知も確認できる
これは着信ほど重要ではないのですが、仕事中などスマホが手元にないときに簡単に確認できるという意味では良いと思います。

5.手首を持ち上げるとディスプレイがオンになる
これもMiFitから設定ができるのですが、手首を持ち上げると自動でディスプレイがオンになるので時間を瞬時に確認することができます。右手が塞がっていても、左手を上げるだけでディスプレイがオンになるのはかなり便利です。
miband4002.jpg

6.日本語は表示できるが、設定画面などは中国語
着信相手やメールの本文については日本語表示されます。しかし設定画面は全部中国語です。なので
「更多」→「その他」
「周三」→「水曜日」
「闹钟」→「アラーム」

など、ある程度中国語を理解する必要があります。普通に考えれば不便ですが、中国語を学ぶ機会だと思ってます。
miband4003.jpg
ちなみにこれは先ほど紹介した「Mi Bandage」のアプリを使用すれば、英語表記にすることができます。
miband4004.jpg

このように価格の割には非常に便利な点が多く、本当に買ってよかったと思います。次回は
「Miband4を使用する際のおすすめのアプリ・設定」
についてご紹介させていただければと思います。
関連記事


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 PC家電ブログへ
★ご協力お願いします★
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック