2011年08月02日 (火) | Edit |
これまで住宅ローンの借り方について紹介してきましたが、今回は
「おすすめの住宅ローン」
を紹介します。

今は僕が住宅ローンを借りたころと比べてとても低金利になっており、いまから借りる人はうらやましい限りなのですが、そんな中、
「フラット35S」
が断然お得な住宅ローンになります。

フラット35Sは借入金利が安いだけではなく、
「フラット35の借入金利から当初10年間 年率1.0%引下げられます!」

これが何を意味するかといいますと、単に毎月決まった額を返済する人にとっても嬉しいのですが、
これまで僕が説明してきた、
「返済期間に応じて2種類の固定金利を組み合わせて借りる」
方法よりも、
「かなり総支払額を抑えられるのです」

その理由は、
「10年目までの金利に大きな差がある」
からです。

1.10年固定と20年固定を半分ずつ借りた場合
この組み合わせで借入れを行なう場合は住信SBIネット銀行が現在の最低金利になります。
その金利ですが借入れ期間、35年の場合、
10年固定・・・1.57%
20年固定・・・2.25%

なので、この2つを半分づつ借りた場合の10年までの平均金利は
(1.57+2.25)÷2=1.91%
になります。

2.フラット35Sの場合
フラット35Sは楽天銀行SBI住宅ローンが現在の最低金利になります。
その金利ですが、35年固定で借入れした場合、10年目までは1%引かれるので
1.35%
なります。

この2つを比較すると、
0.56%もの差が出るのです!

ちなみに、2,000万を借り入れた場合の、10年目におけるローン残高は
1.10年固定と20年固定を半分ずつ借りた場合
  7,699,377(10年固定分)+7,912,486(20年固定分)=
  15,611,813円
2.フラット35Sの場合
  15,256,062円
でその差は355,751円となります。

また金利が安いだけでなく、
「フラット35Sは全期間固定金利で借入れが可能」
なので「10年固定+20年固定」と比較して、
「繰り上げ返済ができなかった時のリスクが少ない」
のです。
(もし10年固定の借入れが10年後に返済できず、固定金利の切れる10年後の金利が高金利だった場合は、その金利で借入れをせざるを得なくなります…)

しかし注意点があります!!
それは、
「フラット35の当初10年間の金利優遇の締め切りが12/30から9/30に早められた」
ことです。

予想以上に申し込みが殺到したためだそうです。
そりゃそうですよ。だってこんなにおいしい住宅ローン他にないですからね。
今僕が住宅を購入するなら間違いなく「フラット35S」を活用すると思います。

関連記事


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 PC家電ブログへ
★ご協力お願いします★
テーマ:便利・お得な情報
ジャンル:ライフ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック