2019年06月11日 (火) | Edit |
以前の記事
「マクドナルドの株主優待をお得に取得する方法」
で紹介したように、
「買い方を楽天証券」
「売り方をマネックス証券」

と別々の証券会社でつなぎ売りを行った場合、このままだと現渡ができません。その場合は
「現物株を移管する」
ことで、買い方と売り方を同じ証券会社にする必要があります。そこで今回は
「楽天証券から他社証券会社に移管する方法」
を紹介したいと思います。

1.信用口座から預り金・保護に振替する
信用口座を開設していると、現物株購入後は代用有価証券となっていてこのままだと移管できません。私も最初移管しようとしたら、下記の渓谷がでて移管できませんでした。
raku_ikan000.jpg
振替自体は簡単にできるので、まずはこちらの手続きを行います。
raku_ikan002.jpg

2.移管手続きを行う
1の手続きが終わったら、移管手続きを行います。
raku_ikan001.jpg
マネックスの場合は上記の通り入力します。詳細はマネックス証券の方が詳しく書かれているのでそちらを見た方がよいです。

これで手続きは完了です。ただし
「手続きには1週間くらい要する」
ので、移管手続きを権利最終日ギリギリに行うと、権利落ち日に現渡しできなくなるので、注意していただければと思います。

またこの方法のデメリットとしては
「証券会社が分散するので、つなぎ売りに必要な資金が増えてしまう」
ことです。一社であれば保証金扱いになるので、必要資金が少なくて済みますが、この方法だと移管中の株式については保証金扱いにならないので、必要資金が増えてしまいます。

このようにデメリットもあるのですが、普通につなぎ売りするよりは確実にコストを削減できるので、お勧めの方法です。
今後もこの方法を使いながら、つなぎ売りを行っていければと思っております。
関連記事


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 PC家電ブログへ
★ご協力お願いします★
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック