2011年07月30日 (土) | Edit |
これまで2回にわたってヤクオクを活用した購入方法について、
紹介してきましたが、今回は「出品編」になります。

ヤクオクで売ったほうが、リサイクルショップや古本屋で売るのと比べて、
「中間マージンが発生しない」
ので明らかに自分の収益が多くなり、お得です。
(ただし手数料の5.25%はかかります。)

この記事では
「ヤフオクで出品するためのコツ」
について紹介したいと思います。

1.Yahoo!かんたん決済に登録する
 これに登録しておけば、落札者はスムーズに落札価格を支払うことができます。
僕は決済方法に「Yahoo!かんたん決済」と「銀行振込」の両方を登録して出品しますが、ほとんどの人が「Yahoo!かんたん決済」での支払いを希望しています。

2.出品カテゴリを正しく指定する
 これは入札者が、自分の出品物を目にとめてもらうために重要なことです。
出品したい商品を事前にヤフオクで検索して、自分の出品物がどのカテゴリに指定するのが正しいのか確認しておきましょう。

3.タイトルは検索されやすいワードにする
 これも自分の出品物を目にとめてもらうために非常に重要なことです。
 商品名を「英語」「カタカナ」「漢字」どれで検索しても引っかかるようにタイトルを決めましょう。また家電などであれば「型番」をタイトルに入れておくと検索で引っかかりやすいです。
 また事前に出品したい商品名でヤフオクで検索して、他人のネーミングセンスを拝借するのも1つの方法です。

4.落札終了日は入札者の生活スタイルを考える
 出品するものによって、入札する人の性別や年齢層が違うはずです。
たとえば家電であれば男性のサラリーマン、ベビー用品であれば女性の主婦がメインなはずです。
 こうしたことを考えて、家電を出品するときは土日の夜、ベビー用品を出品するときは平日の午後などに落札終了日を設定すれば、終了間際に入札してくれる可能性が高くなり、落札金額の上昇につながると思います。

5.送料込みがおすすめ
 送料別にすると、配送方法や落札者の住所で支払金額が変わるため、落札後の取引が面倒になります。送料込みにしておけば、どんな人が落札しても支払金額が変わらないので、取引後の連絡がスムーズに進みます。
 自分の経験上送料込みにすれば、送料分くらい落札金額が上がることが多いので、送料別と比較して損をするといったことはあまりないと思います。

ここの5つのポイントは別に実践を行なわなくても、出品はできます。
しかし、出品するからには少しでも高い金額で落札してくれれば出品者にとってはうれしいことだと思いますので、お気に召した方は実践してただければと思います。
関連記事


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 PC家電ブログへ
★ご協力お願いします★
テーマ:節約
ジャンル:ライフ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック