2011年06月20日 (月) | Edit |
以前の記事でワットモニターを用いて、
「ゲーム機・PC・モバイル機器」
の待機電力を調査しましたが、今回は
「AV機器」
の待機電力を調査したいと思います。

以下に自分の持つ機器の待機電力を載せました。

AV機器の待機電力
商品名待機電力備考
プラズマTV(TH-37PX70)0wリモコンで電源を消しても0w
DVDレコーダー
(DMR-XW100)
3.2wクイックスタートオフ
9.7wクイックスタートオン
オーディオコンポ
(NETJUKE NAS-D55HD)
0.4w高速起動オフ
14.4w高速起動オン
注意:0wはワットモニターの結果であって、本当は微妙には電力を消費していると思います。

ちなみにオーディオコンポの待機電力の14.4wは月に215円のコストになります。
※1kwを20.5円として計算

このことからいえるのは、
「テレビは待機電力はほとんどない」
「高速起動・クイックスタートは待機電力が高い」

ことです。

高速起動をオンにしておくことによって、電源がオフになっているときに
「電源をオンにしたときの起動が早くなる」
「電源オフ時にインターネット経由の機器へのアクセスが可能」

(DLNA機能やインターネットによる録画予約などで必要とします)

になるのですが、これらの機能を使わない場合は、
「必ず高速起動はオフにしましょう!」
関連記事


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 PC家電ブログへ
★ご協力お願いします★
テーマ:エコライフ
ジャンル:ライフ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック