2011年06月15日 (水) | Edit |
これまで2回にわたって「VULKANO FLOW(ボルカノフロー)」の紹介をしてきましたが、今回は
「スマートフォンで快適に使うコツ」
を紹介したいと思います。

1.VulkanoFlow本体の接続は無線で行う
PC用のVulkanoPlayerだとVulkanoFlow本体を有線、無線のどちらで接続しても問題はないのですが、スマートフォン用のVulkanoPlayerでは、有線接続だと通信速度がとても遅くなります。
無線接続を行なった場合は、普通に見ることができます。(原因は不明・・・)

2.リモコンのボタン割り当てを工夫する
以前の記事で書いたように、スマートフォン用VulkanoPlayerのリモコンでは、
「ボタンの数が少ない」
「ボタンがあっても割り当てできない」

など非常に不便です。そこで
「キー名称と異なる機能を無理矢理あてはめる」
ことで、ボタンの少なさを解消します。たとえば僕は
「チャンネルUP」→「テジタル」
「チャンネルDOWN」→「BS」
「Last」→「CS」
「Record」→「30秒スキップ」
など無茶苦茶に割り当ててなんとか使い勝手を良くしています。

3.接続するHDDレコーダーの設定を工夫する
前述のとおりスマートフォン用VulkanoPlayerのリモコンのボタン数が少なく
「数字も1~9までしかうまく割り当てできません」
デジタル放送であれば1~9chで足りますが、
BSは12chまでありますし、CSはチャンネル数がとても多いです。
そこで、
「HDDレコーダーのチャンネル設定で良く見るチャンネルを1~9に設定する」
ことで、解消します。
例えばCSであれば、自分が契約しているチャンネルを1~9に設定すればボタンが少なくても大丈夫ですし、リモコン操作もしやすくなります。
僕はスカパーでサッカーを良く見るので以下の様に割り当てています。
convert_20110615220839.jpg

多少使いづらい面もあるVULKANO FLOWですが、このように工夫していけば、
とても有用なプレイヤーなので、上手な付き合いをしていきたいと思います。
また良い工夫などがあれば紹介します。
関連記事


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 PC家電ブログへ
★ご協力お願いします★
テーマ:AV機器・家電製品
ジャンル:ライフ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック