2017年09月26日 (火) | Edit |
前回の記事
「複数台契約する場合のBIGLOBEとmineoのコスト比較」
では複数回線を契約する場合はBIGLOBEよりもmineoの方がお得になるケースが多いということをご説明いたしました。

しかしこのmineoですが、通信量によっては
「あえて複数回線契約した方が安くなる」
場合があるのです。

それをわかりやすくした表が以下になります。
使用GB数1回線2回線3回線4回線最安回線数
3651 848 1,095 1,342 1
4821 948 1,095 1,342 1
5991 1,048 1,295 1,462 2
61,161 1,048 1,295 1,562 2
71,331 1,218 1,395 1,562 2
81,501 1,388 1,495 1,762 2
91,671 1,558 1,495 1,762 3
101,841 1,728 1,665 1,862 3
112,011 1,898 1,835 1,942 3
122,181 2,068 2,005 1,942 4
132,351 2,238 2,175 2,112 4
142,521 2,408 2,345 2,282 4
152,691 2,578 2,515 2,452 4
162,861 2,748 2,685 2,622 4
173,031 2,918 2,855 2,792 4
183,201 3,088 3,025 2,962 4
193,371 3,258 3,195 3,132 4
203,541 3,428 3,365 3,302 4
※5回線以上の方が安くなる可能性もありますが今回は割愛させていただきました。

このように
「自分が使用する通信量÷3GB」
※小数点以下切り捨て
の分の回線契約を行った場合が最安値になります。

ただこの前提として
「2回線目以降のキャッシュバックを2重で受け取っている」
事が条件なので、名義が2人分最低必要になってくることについてはご了承いただければと思います。

さて次回は今までの結果を簡単に総括してまとめていきたいと思います。

関連記事


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 PC家電ブログへ
★ご協力お願いします★
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック