2016年11月28日 (月) | Edit |
前回はXi契約の方がドコモの通話を残しつつ、データ通信部分をMVNOにする手順をご紹介致しました。

今回は
「FOMA契約からドコモの契約を残しつつMVNOへ移行する方法」
をご紹介したいと思います。

(1)ドコモメール化を行なう
※ドコモのメールを今後も使い続けたい場合のみ
これを行なわないと、MVNOに移行後、スマホからメールを受信できなくなりますのでこの作業は絶対行なわなくてはなりません。

作業内容は
「SPモードメールからドコモメールへの移行方法紹介」
をご覧になっていただければと思いますが、いくつか補足していきたいと思います。

1.FOMA通信が可能なスマホが必須
最近のXi端末はFOMAのSIMを差しても通信ができません。そのためFOMA通信可能なスマホが必要です。
1)ドコモメールに対応したFOMA通信可能なスマホの場合
ドコモメールに対応したFOMA通信可能な代表的なスマホは
「ドコモ2台持ちからMVNOでもキャリアメールを維持【端末準備編】」
に記載しておりますが、このスマホをお持ちの場合は
「SPモードメールからドコモメールへの移行方法紹介」
の手順そのままで可能です。

2)ドコモメールに対応していないFOMA通信可能なスマホ
こちらの場合は、正規の方法ではないのですが
「ドコモメールアプリを使わないドコモメールへの設定方法~iPhone偽装編~」
の方法で行なうことが可能です。この際も上記の記事には記載してないのですが、
「SPモード(iモード契約可)の契約」
を事前に行なうことを忘れずに行なっていただければと思いますので、併せて
「SPモードメールからドコモメールへの移行方法紹介」
も参照しながら行なっていただければと思います。

(2)MVNOを新規契約する
前回掲載させていただきました記事
「ドコモ契約を維持しつつMVNOを用いて通信費節約(4)【MVNO選択編】」
を参考にしていただきつつ、データ通信を行うためのSIMを用意してください。

最初がFOMA端末の場合はこれで終わりです。zenfone3をお使いの予定であればSIM1にドコモSIMをSIM2にMVNOのSIMを差して設定を行なえば1台で通話とデータ通信が別々のSIMで可能になります。

このようにFOMAスタートの場合はドコモメール化が最大の難関ですので、逆にキャリアメールを必要としない場合は手順はすごい簡単です。

以上6回にわたって、ドコモの契約を残しながら格安SIMを使う方法を紹介しました。

もしご不明な点、もっとよく知りたいという点がございましたら、コメントにその旨をご記入いただければと思います。
なるべくわかりやすく返信をさせていただきたいと考えております。
関連記事


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 PC家電ブログへ
★ご協力お願いします★
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック