2016年11月26日 (土) | Edit |
これまでの記事
「ドコモ契約を維持しつつMVNOを用いて通信費節約(2)【メリット編】」
「ドコモ契約を維持しつつMVNOを用いて通信費節約(3)【通話料比較】」

でMVNOを用いて通信費を節約する際は、
「通話部分をドコモのSIMで」
「データ通信部分をMVNOのSIMで」

分けた方がメリットが多いというご紹介をしてきました。

今回はそのための具体的な手続きをご紹介いたします。まず最初は
「Xi契約からドコモの契約を残しつつMVNOへ移行する方法」
をご紹介いたします。

(1)ドコモメール化を先に済ませておく
※ドコモのメールを今後も使い続けたい場合のみ
これまでXi端末でドコモを利用されていた方はドコモメール化は既に行っているかもしれませんが、行っていない方はまずこれを先に行っておかないとMVNOに移行した後キャリアメールを受信できなくなります。

具体的な方法は
「ドコモ公式(その他のメールアプリからのご利用)」
が一番わかりやすいです。

またオススメのメールアプリは
「ドコモ2台持ちからMVNOでキャリアメールを維持【ドコモメール送受信編】」
に掲載しておりますのでこちらも参考にしていただければと思います。

(2)MVNOを新規契約する
前回掲載させていただきました記事
「ドコモ契約を維持しつつMVNOを用いて通信費節約(4)【MVNO選択編】」
を参考にしていただきつつ、データ通信を行うためのSIMを用意してください。

(3)FOMAに契約変更する
Xi契約のままの場合、通話プランがカケホーダイしかないので、通話料が割高になってしまいます。そこでFOMAに契約変更することでタイプSSバリューなどのプランを選択できるようにします。その方法については
「ドコモXiからFOMAのバリュープランに契約変更(バリュー化)する方法」
に掲載しております。

今回の場合はZenfone3やmotoG4PlusなどのDSDS端末を持っていき、手続きをしてもらえば無事に終わるかと思います。
この際にパケットプランの方の解約、またキャリアメールを使用しない方はSPモードの解約を併せて行っておくと良いかと思います。

以上で手続きは終了です。DSDS端末を用いる場合はドコモのSIMとMVNOのSIMの両方を差して、運用すれば1台運用が可能ですし、DSDS端末を用いない場合でもドコモのSIMをガラケーに、MVNOのSIMをスマホに差せば、格安運用が可能になります。

さて次回は
「FOMA端末からドコモ契約を残しつつMVNOに移行する方法」
をご紹介したいと思います。
関連記事


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 PC家電ブログへ
★ご協力お願いします★
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック