2016年04月01日 (金) | Edit |
さて今回は月初恒例の、
「レラティブ・ストレングス投資」
の運用報告をご報告したいと思います。

1.運用成績
評価日レラティブ・ストレングス野村インデックスF新興国株式
評価額投資額損益率評価額投資額損益率
4月1日1,069,066876,000122.0%288,193275,000104.8%
3月1日1,036,919861,000120.4%255,416270,00094.6%
2月1日998,898846,000118.1%262,846270,00097.4%
1月1日1,031,257831,000124.1%284,701265,000107.4%
12月1日1,026,640816,000125.8%298,221260,000114.7%
11月1日992,289801,000123.9%291,930255,000114.5%
10月1日962,751786,000122.5%261,192250,000104.5%
9月1日1,006,879771,000130.6%270,302245,000110.3%
8月4日1,069,059756,000141.4%298,593240,000124.4%
7月1日1,056,496741,000142.6%316,850235,000134.8%
6月1日1,064,763726,000146.7%322,971230,000140.4%
5月1日1,024,393711,000144.1%319,761225,000142.1%
4月1日1,011,916696,000145.4%285,112220,000129.6%
3月1日986,930681,000144.9%290,284215,000135.0%
2月1日959,821666,000144.1%276,397210,000131.6%
1月1日991,320651,000152.3%272,159205,000132.8%
12月1日954,373636,000150.1%276,556200,000138.3%
11月1日841,880621,000135.6%250,292195,000128.4%
10月1日813,952606,000134.3%249,005190,000131.1%
9月1日796,583591,000134.8%245,737185,000132.8%
8月1日759,420576,000131.8%234,663180,000130.4%
7月1日738,949561,000131.7%220,578175,000126.0%
6月1日708,825546,000129.8%213,106170,000125.4%
5月1日689,167531,000129.8%201,437165,000122.1%
4月1日659,704516,000127.8%190,639160,000119.1%
3月1日664,280501,000132.6%182,910155,000118.0%
2月1日640,457486,000131.8%173,357150,000115.6%
1月1日652,445471,000138.5%184,275145,000127.1%
12月1日612,664456,000134.4%176,672140,000126.2%
11月1日576,663441,000130.8%169,602135,000125.6%
10月1日556,595426,000130.7%156,174130,000120.1%
9月3日510,077411,000124.1%149,400125,000119.5%
8月1日491,639396,000124.2%138,975120,000115.8%
7月1日483,281381,000126.8%133,727115,000116.3%
6月1日484,985366,000132.5%141,402110,000128.5%
5月1日500,657351,000142.6%133,601105,000127.2%
4月1日455,527336,000135.6%123,244100,000123.2%
3月1日394,471321,000122.9%118,05395,000124.3%
2月1日368,301306,000120.4%113,54990,000126.2%
1月1日325,806291,000112.0%101,24185,000119.1%
12月1日289,396276,000104.9%86,75880,000108.4%
11月1日265,924261,000101.9%78,39275,000104.5%
10月2日244,348246,00099.3%72,33570,000103.3%
9月1日223,962231,00097.0%63,69965,00098.0%
8月1日206,137216,00095.4%58,31660,00097.2%
7月1日188,750201,00093.9%51,89655,00094.4%
6月1日170,180186,00091.5%46,18750,00092.4%
5月1日168,334171,00098.4%47,91645,000106.5%
4月1日156,061156,000100.0%44,37940,000110.9%
3月1日139,759141,00099.1%40,10435,000114.6%
2月1日124,735126,00099.0%31,01930,000103.4%
1月1日109,514111,00098.7%23,50125,00094.0%
12月2日94,09596,00098.0%19,67020,00098.4%
11月1日79,03681,00097.6%15,36715,000102.4%
10月1日64,19666,00097.3%8,21010,00082.1%
9月1日49,72951,00097.5%4,3835,00087.7%

2.シグナル結果
種類商品名3,6,12ヶ月
リターン順位
12ヶ月移動平均
売買シグナル
1ヶ月
リターン
日本株式ニッセイ日経225インデックスファンド8 SELL5.3
日本債券日本債券インデックスe2 BUY0.8
日本REITニッセイJリートインデックスファンド1 BUY1.4
先進国株式ニッセイ外国株式インデックスファンド6 SELL5.8
先進国債券ニッセイ外国債権インデックスファンド5 SELL1.7
外国REITニッセイグローバルリートインデックスファンド3 SELL8.5
新興国株式eMAXIS新興国株式インデックス7 SELL12.2
新興国債券eMAXIS 新興国債券インデックス4 SELL7.8

今月は先月と比較するとどの銘柄もプラスで特に新興国株式は+12%とかなり値を戻しまして、新興国株式の方も今月でなんとかプラスに持ち直しました。またレラティブストレングスの方も微増ながら順調に損益を上げることが出来ています。

さて3月末のシグナルですが、相変わらず国内リートと国内債券以外はSELLシグナルのままです。
1ヶ月は全銘柄でしたが、ここまでの下落を考えれば、まだBUYにはならない感じかもしれないですね。

グローバルリートあたりは移動平均に近づいてきたので、またBUYになるかもしれません。
その辺のことも観察しながら4月の推移を見守っていければと思います。
関連記事


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 PC家電ブログへ
★ご協力お願いします★
コメント
この記事へのコメント
前月とシグナルが同じ場合の投資
こんにちは。
レラティブストレングス投資の方法について質問させてください。
今月のように前月とBUYシグナルが同じ投資対象にでている場合、売却が発生しないので毎月の追加投資額の15000円分だけファンドを購入されていると思いますが、今月のように7500円ずつ分割投資になった場合、最低購入金額の10000円を下回ってしまいませんか?
私はそうなった場合はBUYシグナルの中で一番リターン率が高いファンドのみを買っていますがKurosukeさんはどうされていますか?
ご教示ください。
2016/04/10(Sun) 21:07 | URL  | ジンバック #mQop/nM.[ 編集]
ジンバック 様へ
ジンバック 様

こんばんわ。いつもコメントありがとうございます。

私は10,000円を下回ってしまった場合は、積み立て購入をしております。
積み立ては1,000円単位からできるので、購入可能な最短の日付を指定して購入するようにしております。
ただこの追加投資資金はリバランスとしても活用しているので、もし2銘柄に評価額の差が出来ていた場合は、評価額の低い方だけに投資するといったやり方をしています。

毎月の投資金額が少ないとこの点は苦労してしまうのですが、致し方ないのかもしれないですね。
なぜ積み立てだと千円単位で変えるのに、普通に買うと1万円単位なのか。。できれば変えて欲しいですよね。

またお時間のあるときにコメントいただければ幸いです。
今後ともよろしくお願いいたします。
2016/04/12(Tue) 23:43 | URL  | Kurosuke #EBUSheBA[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック