2016年02月23日 (火) | Edit |
最近よく色々なところで耳にするのが
「電力自由化」
という言葉です。

これはどういうことかを簡単に説明すると、
「電気の販売元を自由に選べるようになる」
ということです。

具体的に説明すると、関東地方の場合
「電気の供給元は東京電力」
なのですが、電気の販売元は東京電力という選択肢だけでなく
「東京ガスやENEOS、時によっては中部電力」
など幅広い選択肢の中から、業者を選択できるようになるということです。

これによって生まれるのは当然のことなから
「価格競争」
ということになります。当然新規参入する会社は東京電力よりも料金を安く提供してくるはずです。

そこで今回は既存の東京電力から他社に乗り換えた方がよいのかどうかというのを考えてみたいと思います。
以下の2パターンで考えてみます。

1.従量プランで契約している場合
従量プランとは一般的な契約方法で、単純に使用量に応じて電気料金がきまるプランです。この契約を今現在している方は他車に乗り換えた方がお得な場合が多いです。各社ともに東京電力よりも
「基本料金と利用単価を下げている場合が多い」
です。詳細な料金比較は
「エネチェンジ」
というサイトで行うことが出来ますので、そこで色々と比較していただければと思います。

2.おトクなナイトで契約している場合
これは私のブログでも何度もご紹介させていただいているのですが、昼間の電気料金が高額になる代わりに夜間の電気料金が大幅に安くなるプランです。こうしたプランで電気代の節約を行っている方にとっては
「他社に乗り換えない方がお得」
だと思います。その理由ですが、他社のプランにはこうした
「夜間電力が安くなるプランがまだ存在しない」
からなのです。そのため他社に乗り換えることの節約効果よりも、夜間電力料金がなくなることのデメリットの方が大きくなってしまうのです。たとえば我が家ののこれまでのおトクなナイトによる節約金額ですが、これまでの計算をまとめますと従量プランのままで契約している場合と比較して、
2015年:9,487円(嫁が育休で家にいたため節約額が小さい)
2014年:17,606円
2013年:22,052円

とかなり大きく節約ができています。おそらく電力販売会社を他社に変更してもここまでの料金低下にはならないので、おトクなナイトで節約をしているご家庭にとっては乗り換えのメリットは現状無いと思います。

以上の様に、電力自由化によって乗り換えた方が得かどうかは既存の契約プランによりけりといった感じです。
とりあえず我が家はおトクなナイトを継続して契約したいので乗り換えはしないようにしたいと思います。しかし他社でもおトクなナイトの様な夜間電力料金を下げるプランなどが提供されてくれば乗り換えたほうがお得という場面もでてくると思いますので、その際はまたご紹介させていただければと思います。
関連記事


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 PC家電ブログへ
★ご協力お願いします★
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック