2016年02月03日 (水) | Edit |
以前
「おトクなナイトが2016年3月末で新規受付が終了になります!」
の記事にておトクなナイトの新規受付が3月をもって終了するということを紹介いたしました。

その際に、東京電力から後ほど新料金プランを発表するとあったのですが、それがどうやら公開されたようです。
新料金プランについては「こちら」に詳しくまとめられています。

これを見るとおトクなナイトに変わるプランとして登場しているのは
「夜トクプラン」
ということになるかと思いますが、このプランはおトクなナイトと比べておトクなのでしょうか。その比較を行ってみました。

夜トクプランとおトクなナイトの違いを以下の表にまとめてみました。
料金プラン基本料金夜間時間昼間料金夜間料金
おトクなナイト81296円23時~7時23.81~36.68円12.16円
おトクなナイト101296円22時~8時25.92円~39.92円12.41円
夜トク8842.4円23時~7時32.14円20.78円
夜トク12842.4円21時~9時33.76円22.55円
※夜トクプランについては契約電力4kwで計算

基本料金などは若干安くなっているのですが、大きな違いは
「夜間料金の大幅な値上げ」
です。おトクなナイト10と夜トク12を比較すると1kwhで約10円値上げしています。

ちなみに以下の表は我が家のH26年の使用電力量です。
otoku1502-1601.jpg
これをみると夜間の使用電力料は約150~250kwhという事がわかります。つまり夜トク12に変わることで我が家の場合は
「1500円~2500円の値上げ」
ということになります。

これは基本料金の値下げを差し引いてもかなりの負担増になってしまいます。
しかもこの基本料金はあくまで契約電力4kwでの計算結果です。この新料金プランの夜トクプランはスマート契約といって基本料金が過去1年間の自分の使用実績によって基本料金が決まる仕組みです。なので場合によっては契約電力4kwに収まらなくなるということも考えられ、安くなる可能性もあるにしろ、基本料金が固定でないのはちょっと不安な部分でもあります。特に今の契約で
「ブレーカーをよく落としてしまう人」
は今以上に基本料金が高くなる可能性があるのです。

以上のことから考えると、新料金プランの夜トクプランはおトクなナイトと比較して
「夜間電力が圧倒的に高くなる」
「基本料金の価格設定が個人的には微妙」

であることから、あまりオススメできません。

なので、夜間電力プランをご検討の方は
「3月末までにおトクなナイトを契約しておく」
ことをオススメいたします!
関連記事


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 PC家電ブログへ
★ご協力お願いします★
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック