2015年10月06日 (火) | Edit |
先日
「VaioTap21用の802.11acアダプタ(7260NGW)を購入してみた」
にて紹介したように購入した無線LANアダプタですが、今回は
「11ac化によって速度がどのように変化した」
についてご紹介したいと思います。

比較対象としたのは最初からVaiotap21に取り付けられていた802.11agn対応のアダプタです。
※こちらも7260NGWという名前なんですね。紛らわしいです。

また測定に使用したルーターはこれも先日購入した「WG1200HS」になります。速度は無線LANルーターに優先接続したNASへの転送速度で測定しています。

そして以下が結果になります。
周波数LANアダプタクアッドチャネル速度(Mbps)リンク速度
ULDL
5GHZ7260Nオン104.8142.7300
7260acオン107.8152.9585
7260acオフ76.578.6173
2.4GHZ7260Nオン46.054.6130
7260acオン54.558.2216
7260acオフ41.946.4144

このように僕の環境ではac環境に変えたとしても
「速度に劇的な改善は見られない」
という結果になりました。

僕の設定がおかしくてそうなっているのかもしれませんが、リンク速度などはきちんと増えておりますし、コマンドプロンプトで調べてきちんとac接続がされていることは確認してます。なのでこれ以上転送速度をあげるには無線LAN速度を上げる以外のことをしないといけないのかもしれませんね。

とりあえず僕の環境ではac接続で劇的な改善は見られませんでした。よっぽどac接続にこだわりたいという方でなければ初期に取り付けられていた無線LANアダプタでも十分なのかもしれないですね。
関連記事


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 PC家電ブログへ
★ご協力お願いします★
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック