2015年08月27日 (木) | Edit |
前回
「Vaiotap21を分解してメモリ増強とSSD換装を行った【導入編】」
にて紹介したとおり、増強するためパーツは楽天で注文しました。


そして今回は
「Vaiotap21を分解しパーツを交換したときの状況」
をご報告させていただきたいと思います。

分解の方法などについては色々なサイトで紹介しておりますので、僕は実際に行った際の感想などを中心にお伝えさせていただければと思います。

【事前準備】
分解する前に絶対にやらなければいけないことがあります。それは
「USBメモリやディスクにリカバリーディスクを作成する」
ことです。VaioCareから簡単に作成できるのでこれを忘れずにやってください。これをやらずに分解してしまうとまた古いHDDをつけて復元用のディスクを作らなくてはいけなくなるので気をつけてください!

1.裏面のプラスチックをはずす(難易度:★)
これは道具を使わなくても自分の爪を引っかけて外せました。
vaiotap_bun1.jpg

2.ねじをとる(難易度:★)
これも簡単でした。

3.ディスプレイの隙間に爪楊枝をさす
(難易度:★★★★★)

これが超難しかったです!僕がやった方法は2で外したねじの裏面をマイナスドライバーで押してできたわずかな隙間に爪楊枝を差すという方法でした。
vaiotap_bun2.jpg
ポイントとしてはマイナスドライバーで直に押すと傷かつきそうなので
「ねじの裏面とドライバーの間にティッシュを挟んだ」
ことです。また爪楊枝を差すとしていますが、右手はドライバーを持っていますし左手は液晶面を抑えていますので爪楊枝を差すのは隙間が出来たとしても難しいのです。僕は苦肉の策として
「口に爪楊枝をくわえて隙間が出来た瞬間に差す」
という方法をとりました。ここについては
「協力者がいるとかなり楽になる」
と思いますので、誰か助けてくれる人がいればここだけでも助けてもらえるとかなり助かると思います。

4.ディスプレイをはずす
(難易度:★★★)

一度爪楊枝が刺さってしまえば、そこを起点に隙間を広げていくだけです。隙間を広げるには
「竹串」
「プラスチックのカード」

がかなり役立ちました。ただこの2つそれぞれ欠点があります。
竹串の欠点は
「力が弱くあまり隙間が開かない」
ことです。カードの欠点は
「無理にやるとディスプレイのプラスチック面を傷つける」
ことです。Vaiotapのプラスチック面はあまり強くないようで写真の様にちょっと傷を付けてしまいました。
vaiotap_bun_kizu.jpg
傷を付けないためには竹串で地道にやるのが無難のようです。ここは時間はかかりますが難易度はそれほど高くありません。程なくすると写真の方にディスプレイを外すことができます。
vaiotap_bun3.jpg

5.パーツを交換する(難易度:★★)
これは自作パソコンをやったことがある人であれば慣れた作業ですし、やったことがなくてもそれほど難しい作業ではありません。ただ注意点としては
「内部電源を必ず切っておく」
ということです。
vaiotap_bun4.jpg
通電している状態でパーツを交換するのはリスクがかなり高いのでこれだけは忘れないようにしましょう。
メモリは絶縁テープの下に、ハードディスクはその右隣にあります。
vaiotap_bun5.jpg
メモリは絶縁テープをはがすと空きスロットがあるのでそこに差します。
ハードディスクはケースがねじで本体と固定されているのでまずこれを外して、次に接続ケーブルを外します。
あとはこのケースに入っているハードディスクを取り出してSSDに変えるだけです。
vaiotap_bun6.jpg

6.ふたを閉める前にやった方が良いこと
ふたを閉める前にやって置いた方が良いことそれは
「パーツの接続確認」
です。もし自分のミスでうまく認識しなかった場合、もう一度ふたを外すという至難の道を歩むことになってしまいます。なのでディスプレイを閉める前に動作確認はした方が良いと思います。まず
「内部電源をオンに戻す」
ことを忘れずに行ってください。
vaiotap_bun4.jpg
そしてAssistボタンを押して起動するとレスキューモードが起動します。
vaiotap_bun7.jpg
その中にBIOS設定を起動というのがありますので、こちらをタップしてください。
vaiotap_bun8.jpg
この写真の様にきちんとメモリが8GBにHDD Drive1が250GBになっていれば成功です。これを確認してからふたを閉めるのが良いと思います。

7.レスキューモードでデータを復元する
ディスプレイを閉じた後に改めてAssistボタンをおしてレスキューモードを立ち上げます。
vaiotap_bun7.jpg
その中の
「USBメモリやディスクから起動」
を選びます。これでデータが新しく付け替えたSSDに復元されます。

以上でパーツ交換は完了です。次は
「パーツ交換後のパフォーマンスがどう変わったか」
についてご紹介したいと思います。
関連記事


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 PC家電ブログへ
★ご協力お願いします★
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック