2014年10月19日 (日) | Edit |
今回紹介する内容は
「携帯の通話料の節約方法」
についてです。

なぜこの話を今回しようと思ったわけですが、まずは下の写真を見てください。
私の通話料
docomo_tuuwa2.jpg
嫁の通話料
docomo_tuuwa1.jpg
このように最近
「通話料金が割高になっていることが多い」
ということに気づいたのです。

以前通話料金の節約については
「楽天でんわは本当にお得なのかどうか検証してみた」
でも少しお話ししたのですが、基本は
「プラン変更で無料通話分を自分に合うものに調整する」
のが一番だと思います。

ただ今回紹介する
「LINE電話」
は使い方によって通話料金を大幅に節約できるのです。

このLINE電話はいわゆるIP電話というものの一種で同様のサービスに
「050Plus」
「Skype」

などあるのですが、これらのサービスと比較して
「通話料が格安」
「月額料金がかからない」
「電話番号も一部通知される」
「ほとんどの人がLINEを使っているので誰でも手軽に導入できる」

という意味でIP電話の中では一歩抜きに出た存在だと思います。

そして気になる料金ですが
「固定電話へ:3円/分」
「携帯電話へ:14円/分」

と超格安です。

特に
「固定電話への通話料が超格安」
なのに注目です。

嫁さんや自分自身がする携帯電話での通話先は
「会社」「病院」「お店」「飲み屋」「保育園」
などといった、
「固定電話先の通話が結構多い」
のです。僕以外にも固定電話へ連絡することが結構多いと思い当たる方は少なくないと思います。

そこでこの部分をLINE電話に切り替えることで
「大幅な通話料の節約が可能」
なのです。

そこで今回LINE電話のクレジットを僕と嫁で購入しました。
linedenwa_1.jpg
嫁さんも固定電話に電話するときはなるべくLINE電話を使ってみると言ってくれましたので、とりあえずは当面この運用方法を実践していきたいと思います。また節約効果が確認されたときには記事にしていきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

(余談)
このLINE電話ですが、僕の様な2台持ちをしているとLINE電話で通話するのはメインの回線(ガラケー)ではなくデータ回線(スマホ)の通話になります。つまり相手に自分のメインの番号を通知せずに電話することができるので、相手に自分の電話番号を知られたくない場合にもLINE電話は活用できます。心当たりのある方は実践してみてください。
関連記事


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 PC家電ブログへ
★ご協力お願いします★
コメント
この記事へのコメント
すごい久しぶりです。。。が、毎回楽しく読ませてもらってます
他社乗り換えでiPhoen6を契約し、データ可してシェア組めばハッピーになれますよ
2014/10/24(Fri) 07:57 | URL  | 情弱番長 #-[ 編集]
情弱番長 様へ
情弱番長 様

大変ご無沙汰しております。携帯業界で有名な方にコメントいただき光栄です。
データ化してシェアということですが、ルータープランで寝かせる回線はいくつくらいあるといいのですかね?

ざっくりと計算してみたのですが、シェアプラン10GBを契約するとすると、ルータープランの回線が5回線くらいないと今のプラスXi割の料金に追いつかなそうな感じでした。

とはいえもうプラスXi割は新たに組めないですし、今後はデータ回線をもりもり確保して運用していくのが最安運用になりそうですね。またこれであれば2台持ちにこだわらなくてもよいというメリットもありますね。

ただ僕の懸念は家族回線数です。自分、嫁の他に嫁の両親が入っているので、どんなにデータ回線を盛っても6回線以上は組めそうにないです。データ回線だけでファミリーを組めば良いのでしょうが、それだと結局2台持ち継続になりそうですね。

とはいえ面白い情報をありがとうございました!もし良い案件があればau回線をドコモにお引っ越しさせてデータ化+シェアをやってみたいと思います。

また今後ともよろしくお願いいたします。
2014/10/25(Sat) 02:09 | URL  | Kurosuke #EBUSheBA[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック