2014年07月30日 (水) | Edit |
以前家電を安く買うコツについて
「家電を安く買うためのコツ~購入時期を考える~」
にてご紹介いたしましたが、最大のポイントは
「モデルチェンジ前に旧機種を購入する」
このなのです。

今回我が家の洗濯機が壊れまして、洗濯機をこの方法を使って購入いたしましたので、その御報告です。購入した機種は
「日立 ビッグドラム BD-V3600L」
です。
hitachisentaku_2.jpg
以前の記事でも紹介したように洗濯機のモデルチェンジの時期は
「10月がメイン」
なので、旧モデルが安く購入できる時期は
「8月~10月が主」
になるのです。なのでこの時期に洗濯機を買うのはちょっと早いのですが、なぜかこの日立 ビッグドラム BD-V3600Lだけは、
「ちょうどいま時期に在庫処分を行っていた」
のでかなりお買い得な価格で購入できました。

ちなみに実際の購入価格ですが、店頭価格は税別99,800円でしたが、値引きをしてくれたので、購入価格は税込で95,000円でした
hitachisentaku_4.jpg
価格コムの価格推移をみても、もう底値だとおもうのでなかなか良い買い物ができたと思います。

ちなみに今回購入したお店は僕がよく購入しているケーズデンキには在庫がもうなかったので、ヤマダ電機で購入したのですが、以前
「量販店の長期保証比較2013版(2)~中型家電編~」
で紹介したように、
「ヤマダの無料保証は内容が最悪」
なので、今回は
「有料保証(家電保)に加入」
しました。
hitachisentaku_1.jpg
※また今回発覚したのですが、ヤマダの長期無料保証が
1年目:メーカー保証
2年目:購入金額の80%
3年目:購入金額の40%
4年目:購入金額の30%
5年目:購入金額の20%
とさらに条件が悪くなっていました。これについては改めて記事にしていきたいと思います。

まぁヤマダ電機で家電を購入する場合は有料保証の加入がほぼ必須といってよいと思います。

話が最後保証の話になってしまいましたが、洗濯機などもう技術がある程度成熟している製品については
「旧モデルの機種を購入するのが明らかにコストパフォーマンスが良い」
ので、モデルチェンジの切り替え時期を見定めて商品を購入されていただけたらと思います。
関連記事


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 PC家電ブログへ
★ご協力お願いします★
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック