2014年03月29日 (土) | Edit |
前回
「楽天でんわは本当にお得なのかどうか検証してみた」
の記事にて、楽天でんわをフル活用するよりも、無料通話つきのプラン変更を駆使した方が、節約になるということを紹介いたしました。

しかし、楽天でんわにも状況によってはお得に活用できる場面がありますので、今回はその紹介をさせていただければと思います。

1.お持ちの通話用携帯がXi契約であった場合
Xi契約の音声プランの場合はFOMAとは違って、
「無料通話付きのプランが存在しない」
のです。なので普通に通話をすると確実に
「30秒40円(税別)の通話料が発生」
してしまうのです。こうした状況の方にとっては楽天でんわを使用することで通話量が約半額になりますから利用の価値があると思います。

しかしながら当ブログで
「1台持ちから2台持ちにして携帯電話料金を安くする【プラン選択編】」
などにおいても何度もご紹介させていただいているとおり、
「通話はFOMAの無料通話付きプラン」
「ネットはXiのデータプラン」

の2台持ちをすることで、1台持ちよりも通話は安く、ネットも安くすることができますので、2台持つことが苦にならないのであれば、そちらの方法をオススメしている次第です。ご興味をお持ちの方は上記の記事をご覧になっていただければと思います。

2.無料通話分を使い切ってしまった場合
前回の記事では無料通話を駆使することで料金の節約を図った方がよいと紹介しましたが、無料通話を使い切ってしまった後に楽天でんわを使用すれば、さらなる節約が可能になります。
下のグラフに、それぞれのプランにおいて無料通話を使い切ってしまったら楽天でんわを使用するという形でシミュレーションした場合の通話料金を載せました。
tuuwaryousuii2.jpg
※クリックで拡大
このグラフをもとに無料通話がなくなった後、楽天でんわを使用した場合の、月の通話時間に応じた最安プランを示した表が以下になります。
月の通話時間最安プラン
0~9タイプシンプル+楽天
10~43タイプSS
44~115タイプリミット
115~215タイプM
215~425タイプL
425~タイプLL
ちなみに以下の表が、前回の記事での比較結果です。
月の通話時間最安プラン
0~9タイプシンプル+楽天
10~34タイプSS
35~82タイプリミット
83~87タイプシンプル+楽天
88~196タイプM
197~425タイプL
425~タイプLL
この2つの表を比べると楽天でんわを使用することで
「基本料が安いプランの方がお得な通話時間量帯が多くなっている」
ことがおわかりになるかと思います。特にタイプリミットについては
「通話時間が45~115分の間が最安」
となるので、かなり使い勝手が良くなります。

当然、プラン変更を駆使することで料金を節約する方法がベターですが、面倒でなければ無料通話がなくなった時点で楽天でんわに切り替えるのが良いということがおわかりになられたかと思います。

以上が楽天でんわの有効な活用方法になりますが、他にもLINE電話など通信費を節約できるサービスがでできてますので、こうした通信サービスの紹介も今後行っていきたいと思います。
関連記事


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 PC家電ブログへ
★ご協力お願いします★
テーマ:便利・お得な情報
ジャンル:ライフ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック