2014年03月15日 (土) | Edit |
れまで連載で
「ドコモの2年縛り音声回線のお得な解約方法【実践編①】」
「ドコモの2年縛り音声回線のお得な解約方法【実践編②】」

の記事にて
「ドコモの2年縛り回線の解約金のかからない上手な解約方法」
の実践編を紹介しましたが、今回はついに最終回です。

これまで
実践①(解約月2ヶ月前):プラン変更
実践②(解約月1ヶ月前):パケ・ホーダイの解約

と行ってきましたが、ついに解約月を迎えました。
SC03C_genjou3.jpg

そこで今回は実践編の3回目
「MNP転出・解約の手続き」
を紹介いたします。

方法は至って簡単です。My docomoにログインして「ご契約内容確認・変更」の3ページ目にある
「携帯電話番号ポータビリティ予約」
で申し込めばOKです。
docomomnpjissenn1.jpg

途中何度も説得をされますが、めげずにページを進んでいくと無事にMNPが完了します。その後しばらくすると、先程申込みを行った携帯電話番号ポータビリティ予約の欄に
「MNPの予約番号が表示」
されますので、これをメモして携帯電話屋さんでMNPの手続きを行えばOKです。
docomomnpjissenn2.jpg

ちなみに私はいつものでんわ館にて
「HTL22の一括0円+6万キャッシュバック」
を契約しました。コンテンツ契約が少しあったのですが、前回の5万キャッシュバックよりも条件が良くなっておりますので、満足してます。
MNPsakisc03c.jpg

しかしこのHTL22の契約ですが、争奪戦がかなりすごいんです。
スマホでTwiccaというアプリをいれて、ツイートをリアルタイムに受信していたのですが、ツイートがされてから10分経たないうちに完売してしまいました。

僕もツイートを確認した後、すぐ電話をしたのですが、ずっと話し中の状態で、繋がるのに3分位かかり、電話に出た時点では残り2台という状況でした。僕はなんとか契約ができたのでよかったですが、Twitterから発信されるキャンペーンにありつけるためには、ツイートをリアルタイムに受信できるアプリの導入は必須だと感じました。

とりあえず3回に分けて紹介した解約時の転出手順ですが、最後にMNPをしない場合の方法も紹介しておきます。
MNPをしないで普通に解約をする場合は、
「ドコモショップにいって解約の手続きを行う」
ことが必要です。解約は電話では行えず、店頭での手続きが必須ですので、ご注意ください。また
「解約までの料金は日割り請求される」
ので、解約をするにしてもMNPをするにしても、
「1日時点で解約もしくはMNPの手続きを行うのがベスト」
なので、ご注意くださればと思います。

とはいえMNPの場合は、多少日割りで代金を取られるとはいえ、いい案件を探すまでは手続きをせずに、いい案件を探すことを優先した方が良いと思います。

以上で音声回線での解約・MNPの手順は終わりますが、今度はデータ回線での解約に向けた実践例を紹介したいと思います。
関連記事


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 PC家電ブログへ
★ご協力お願いします★
テーマ:便利・お得な情報
ジャンル:ライフ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック