2014年02月23日 (日) | Edit |
基本的にマンションや一軒家を購入している方は
「火災保険の加入」
しているかたがほとんどだと思います。

この火災保険ですが、名前だけ聞くと火事以外の補償をしてくれないものと思いがちですが、実は
「火事以外の住宅に関わる被害も対象となっていることが多い」
のです。

関東地方では2月に入ってものすごい大雪が2回降りました。
その際に私の実家では
「ベランダの屋根が雪で破損」
してしまったのです。うちの親は無頓着で保険が下りるなんて全く考えていなかった訳なのですが、実家で入っている火災保険の補償内容を確認してみると、
「20万以上の雪災の損害」
がきちんと補償の対象になっていました。

この補償の対象ですが、保険によって異なっておりまして、たとえば
「5万を免責金額としてそれ以上にかかった修理代を補償」
するという内容の保険もあります。

火災保険は他にも
「泥棒が入ったときに窓ガラスを壊された」
「水漏れして床が駄目になってしまった」
「竜巻で家が壊れた」

といった被害も補償の対象になることが多いです。

しかし
「屋根が壊れてその下にあった車がへこんだ」
という場合は補償の対象になりません。車は家財として扱われるので、
「家財保険に別途加入していないと補償対象とならない」
のです。同様に泥棒が入って、鞄などを盗まれたといった場合も家財保険に入っていないと補償されないのでご注意ください。

いずれにしても
「火災保険は火事以外の被害についても補償される可能性が高い」
ので、ご自分の火災保険の補償内容について確認してみることをお勧めします。
関連記事


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 PC家電ブログへ
★ご協力お願いします★
テーマ:便利・お得な情報
ジャンル:ライフ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック