2012年07月31日 (火) | Edit |
これまで
「ドコモで携帯を1台持ちから2台持ちで通信費節約~具体例紹介~」
「ドコモの携帯を1台持ちから2台持ちにして手軽に通信費を節約する方法」

とドコモで契約している携帯を1回線から2回線にすることで、料金を節約する方法を紹介しました。

この方法は以前紹介した3回線を契約する方法
「ドコモ通信費をガラケーとXi回線の2台持ちで効率よく節約する方法」
と比較して、1つ重大な欠点があります。それは、
「メールが使い放題ではない」
ということです。具体的に説明すると、3回線の場合メイン回線は「タイプシンプル バリュー」を契約して「メール使いホーダイ」を適用できるのに対し、2回線での運用方法ではメイン回線をプラスXi割の1契約目にする必要があるため、「パケ・ホーダイダブル」を契約しなければなりません。そのため、「メール使いホーダイ」にならず、メールのパケット料金が390円を超えると、超過料金が発生します。この超過料金が多くなりすぎると、2台持ちにする節約効果がなくなってしまいます。

そこで今回は
「メイン回線のメールのパケット料金を抑える方法」
について紹介しようと思います。

方法1:メールアドレスをデータ回線側に移す
これを行うのは結構手間ですが、一度行ってしまえば、
「メイン回線のiモードを解約できるので315円の節約」
「フラット契約回線にメールを移すのでメールし放題になる」

ので、パケット料金のことは全く気にならなくなりますね。

具体的なやり方は
「ドコモ端末の2台持ちでメールアドレスを移行して通信費を安くする方法」
をご参照くださればと思います。

この方法のデメリットは、メイン回線でメールができなくなるので、
「常に2台持ちをしていないとメールで連絡が取れなくなる」
ことです。ガラケーに通話とメールを集約していれば、ネットしないときはデータ回線の端末は別に持ち歩かなくても良いですからね。

方法2:画像など添付ファイルの自動受信をオフにする
メールに画像などが添付されていると、極端にパケット量が多くなってしまいます。そのため画像の自動受信をオフにして画像を受信しない様にしましょう。
20120730_204000.jpg20120730_204041.jpg
※上画像はオンの状態なのでチェックを外す、または無効にします

昔のDOCOMOのサイトによると、メールが文字だけの場合、250文字の場合は1通につき2円となっており、この計算だと一ヶ月のメール件数が、
「195件以内」
であれば、パケ・ホーダイダブルの下限で収めることが可能です。

またiモードの場合であれば、
「ファミリー割引の同一グループ内であればメールの送受信が無料」
なので、家族内のメールの送受信は上記の195件に含めなくてOKです。
また家族へのメール送受信は画像など添付ファイルの受信も当然無料です。

私の様な所帯持ちだとメールは家族がほとんどなので、195件以内に収まる方は比較的多いと思います。
しかし独身の方で特に彼女、彼氏がいらっしゃる方は、普通にメールしていてはこの件数を確実に超えてしまうでしょうね。特定の人とよく連絡をするという方は、「Skype」「Line」を上手く活用して、メール件数を減らすようにすれば良いと思います。通話も「Skype」「Line」を使った方が通話料がかからなくて良いですよ。

方法3:やっぱり3回線目を用意する
3回線用意して通信費を節約する方法は
「ドコモ通信費をガラケーとXi回線の2台持ちで効率よく節約する方法」
に紹介した通りなのですが、3回線目を契約する際には
「MNP回線を用意する」
「月々サポートの高い、格安なFOMA回線を探す」

という部分で結構高いハードルが存在します。

しかしながら、3回線目を以前の記事で紹介したような無料通信を取得するためではなく、ただ単にメイン回線を「メール使いホーダイ」にしたいだけの場合は、FOMA回線に限らなくとも
「月々サポートが2,880円以上のXi回線」
※タイプXi にねん(780円)+Xiパケ・ホーダイ ダブル(2,100円)
を用意すれば、
「プラスXi割の1契約目の回線」
とすることができます。Xi回線であれば月々サポートの高い回線も比較的手に入りやすいので、ハードルは下がると思います。

Xi回線は無料通信がつくプランが無いので無料通信は付きませんが、これでメイン回線を「タイプシンプルバリュー」にして
「メール使いホーダイにすることが可能」
となります。ただしこの方法のデメリットはメイン回線もタイプSSバリューなどの契約ができなくなるので、
「メイン回線にも無料通話がつけられない」
ので、通話料金が高額になってしまうことです。通話よりもメールを重視される方はこの方法を選択するのもアリだと思います。

2台持ちにして、通信費が節約できたものの、メールのパケット料金が気になるという方はこれら3つの方法のいづれかを検討してみてはいかがでしょうか。
関連記事


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 PC家電ブログへ
★ご協力お願いします★
テーマ:節約
ジャンル:ライフ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック