2012年07月30日 (月) | Edit |
ドコモの携帯を2台持ちすることで通信料を節約できることについては、
「ドコモで携帯を1台持ちから2台持ちで通信費節約~具体例紹介~」
「ドコモの携帯を1台持ちから2台持ちにして手軽に通信費を節約する方法」
「ドコモ通信費をガラケーとXi回線の2台持ちでさらに安く運用する方法」
「ドコモ通信費をガラケーとXi回線の2台持ちで効率よく節約する方法」

など、多岐にわたって紹介したのですが、今回はこの方法を応用して、
「さらに携帯電話代を減らす方法」
を紹介したいと思います。

その方法ですが、先日の記事にも少し紹介したのですが、
「メールアドレスをデータ回線側に移行」
「メールアドレスでデータ側で新たに取得」

することによって、メイン回線でメールを使わないようにして、データ回線側でメールを行う方法です。

メイン回線で使用しているメールアドレスをデータ回線に移行する方法については
「MOSTROID [docomo]メールアドレスを別回線に移したい」
の記事が大変参考になりますので、ご確認くださればと思います。

若干補足しますと、このサイトには2011年05月の時点で可能とかかれておりますが、僕自身
「2012年の6月初旬」
にこの方法をおこなってメアド移行できております。
またメアドを変更しても変更後のメールアドレスに転送してくれる「メアド変えても転送サービス」は、
「iモード限定のサービス」
のため、現在SPモードでメールを使用している方は、iモードを契約して、
「使用しているメールアドレスをiモードに移行」
した後に、メールアドレス変更の手続きを行う必要があります。
※もちろんメアド変えても転送サービスをしなくてもオッケーという方はSPモードのままメールアドレスを変更しても問題ありません。

このようにメールをデータ回線側で行う様にすれば、
「メイン回線のiモードを解約」
することができます。そのためメイン回線でメールを使用していたときに比べて
「315円安くすることが可能」
になります。

以下具体例を示しますと
1.「ドコモの携帯を1台持ちから2台持ちにして手軽に通信費を節約する方法」
によってメイン回線を維持している場合、メアドを移行することで、メイン回線の維持費が「1,268円」となります。

2.「ドコモ通信費をガラケーとXi回線の2台持ちで効率よく節約する方法」
によってメイン回線を維持している場合、メアドを移行することで、メイン回線の維持費が「783円」となります。

3.「ドコモ通信費をガラケーとXi回線の2台持ちでさらに安く運用する方法」
によってメイン回線を維持している場合、メアドを移行することで、メイン回線の月々サポートが「3,080円以上」であれば、3円運用が可能になります。

さらにフラット回線であるデータ回線側にメール機能を移行したことによって、
「メールのパケット料金も気にしなくて良くなる」
というメリットもあります。

またフリック入力に慣れている方にとってはスマートフォンでメールができた方が楽という方もいらっしゃいますし、gmailなど他のメールと一括管理したい方にとってもデータ回線でキャリアメールが使えることはメリットになりますね。

一方デメリットとしてはメイン回線でメールができなくなるので
「常に2台持ちをしていないとメールで連絡が取れなくなる」
ことです。これまでは通話とメールは一体でしたので、いざというときはメイン回線だけ持ち歩けばよかったのです。

しかし、手元にデータ回線がない場合は電話をすれば良いですし、メールをしたい場合はショートメール(SMS)を使うという方法もありますので、完全に連絡手段がないわけではないので、何とかやりくりできるとは思います。

一方僕の場合ですが、僕はデータ回線として「Galaxy Note(SC-05D)」を使っているため、
「端末が大きくメールをするにはちょっと不便」
ということと、端末が大きいので常に手元に置いておらず、バッグの中に入っていることも多いので、
「メール着信に気づかない可能性が高い」
ことから、メールアドレスは移行しておりません。

ただフリック入力は便利ですし、データ回線側の端末が小さければアドレスを移行するのもアリだとは思います。
いつまでこの方法が使えるかは分かりませんが、今使っている端末を変える様なことがあれば検討したいと思います。
関連記事


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 PC家電ブログへ
★ご協力お願いします★
テーマ:節約
ジャンル:ライフ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック