2012年06月26日 (火) | Edit |
今回紹介する「tasker」のオススメの設定例は、
「特定のアプリ使用時に常時画面をオン」
にする方法です。

画面のタイムアウトの時間が短いとすぐに画面がオフになってしまうと思います。
この機能はバッテリーを節約する上では重要なのですが、例えば
「マップやナビを使用するとき」
途中で画面がオフになってしまうと、その度に画面をオンにしなければならないので非常に不便です。

また棚卸し様からのコメントにもあるように、
「ゲームをしているとき」
に画面がオフになってしまうのも非常に厄介です。

こうしたときに、マップやナビ、ゲームなどを起動している際は
「ディスプレイがタイムアウトしないようにする」
という機能があると便利だとおもいます。

以下にその設定例を紹介します。
1.Profile、Contextの設定
Profileのタブで+キーを押して、新しいProfileを作成します。今回名前は以下の様に設定しました。
SC20120626-125156.jpg
次にContextの設定です。左下の図の様に「Application」をタップすると右下の画面がでるので、画面を消したくないアプリをチェックします。
capture_01.jpgcapture_02.jpg

2.TASKの設定
その後タスクの選択画面が出てきますので、「New Task」を選択してください。名前は今回は「画面オフ」としました。
※後で気づいたのですが「画面オン」の方が正しいですね…
次に「Display Timeout」の設定を行ないます。
Task Editの画面で+キーを押して、
「Display」⇒「Display Timeout」とタップすると下記の画面にたどり着きます。
SC20120626-125103.jpg
そこで上記画面の様にSecs、Mins、Hoursを全て「59」に設定します。
これでtaskの編集は完了です。
SC20120626-125120.jpg

以下がその完成図になります。
SC20120626-125502.jpg

この設定で、
「マップ、ナビを使用しているときは画面が常にオン」
「それ以外の場合は画面のタイムアウトの設定通り」

に動作するようになります。

お気に召された方はぜひ試してみてください。
関連記事


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 PC家電ブログへ
★ご協力お願いします★
テーマ:便利・お得な情報
ジャンル:ライフ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック