2012年06月18日 (月) | Edit |
以前の記事
「僕が選んだVulkanoFlow/LAVA用のレコーダー紹介【BDZ-SKP75】」
にて紹介したように、ソニー製のブルーレイレコーダー(BDZ-SKP75)をボルカノに接続して約3ヶ月が経ちましたが、そこで今回は、Sonyのブルーレイレコーダー(BDZ-SKP75)を接続するために必要な
「VulkanoFlow/LAVAのリモコン設定」
を紹介したいと思います。

設定ファイルはこちらからダウンロードできます!

VulkanoPlayer
(スマートフォン)
VulkanoPlayer
(PC)
BDZ-SKP75
Channel1Digit 11
2Digit 22
3Digit 33
4Digit 44
5Digit 55
6Digit 66
7Digit 77
8Digit 88
9Digit 99
00Channel Enter,100正常に動作せず
0Digit 0オプション
正常に動作せず
Chan↑Channel+デジタル
Chan↓Channel-BS
LastLast ChannelCS
MenuPowerPower電源
MenuMenuらくらくスタート
InfoInfo/Displayホーム(設定)
BackLast ChannelLastと同様
ExitExit戻る
Menu Up上キー
Menu Down下キー
Menu Left左キー
Menu Right右キー
OKMenu Select決定
Page↑*自由割当てキー割り当てせず
Page↓*自由割当てキー割り当てせず
GuideGuide番組表
List*自由割当てキー
「Digit 0」を割当て
オプション
DVRLiveTV*自由割当てキー割り当てせず
Menu Up上記で割り当て済み
Menu Down
Menu Left
Menu Right
OKMenu Select
一時停止Pause一時停止
停止Stop停止
巻き戻しPage Up次のチャプター
早送りPage Down前のチャプター
再生Play再生
Back*自由割当てキー割り当てせず
Next*自由割当てキー割り当てせず
RecordRecord15秒送り
*自由割当てキーの説明は、
「Android版Vulkano Playerアップデート~リモコン操作が改善~」
で説明した通りです。
今回は「List」「Digit 0」を割り当てた以外は特に割り当てておりません。


今回のリモコン設定のコツですが、早送りと巻き戻しのボタンの代わりに、
「次のチャプターと前のチャプターに割り当てた」
ことです。VulkanoPlayerを使っていて思うのは、動画再生の際の
「遅延が結構大きい」
ので、早送りや巻き戻しをしようと思ってもなかなかちょうどいい場所で止められないのです。それならチャプター移動のボタンを加えた方が、画面の移動がスムーズに行なえます。幸いにもこのBDZ-SKP75は、おまかせチャプターの機能によって、
「オートチャプターの区切りの精度が高い」
のでCMの前後で上手にチャプターを区切ってくれます。

このチャプター移動と「Record」キーに割り当てた「15秒送り」を使えば大体の動画操作は比較的快適に行なうことができます。
しかしながら本当は割り当てられるボタンが多ければ「早送り」も「巻き戻し」も割り当てられれば良いのですけどね。

もしこのリモコン設定をお気に召されたら、ご活用くださればと思います。
関連記事


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 PC家電ブログへ
★ご協力お願いします★
テーマ:便利・お得な情報
ジャンル:ライフ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
以前の記事「僕が選んだVulkanoFlow/LAVA用のレコーダー紹介【BDZ-SKP75】」にて紹介したように、ソニー製のブルーレイレコーダー(BDZ-SKP75)をボルカノに接続して約3ヶ
2012/06/20(Wed) 12:02:19 |  まとめwoネタ速neo