2011年02月20日 (日) | Edit |
これまでの内容を一回整理したいと思います。

(1)住宅ローン控除は自分の納付する税金以上は還付されない
  ⇒自分の納めている税金を計算してローンを借りる
(2)よほど余裕がない限りは固定金利で借りる
(3)返済に必要な年数を固定にして借りて、金利を安くする
(4)借り入れ期間は最長年数(35年)で借りる

(5)返済期間が長くなる場合は2種類の固定金利を組み合わせる
   (10年固定と20年固定を半分ずつ借りるなど)
(6)住宅ローン控除が切れるまでは、繰り上げ返済しないで貯蓄
(7)その貯蓄分で資産運用する


皆さんにこのように勧めてはおりますが、自分もこの方法で住宅ローンを返済しております。
僕の住宅ローンの借り入れ状況を紹介したいと思います。

<借入時期>
2007年(今年で4年目です)
<借入金>
2,500万(僕:1,500万、妻:1,000万)
<固定金利タイプ>
10年固定(年2.0%)と20年固定(年2.8%)を半分ずつ
<月々の返済額>
約90,000円
<月々の貯蓄額>
100,000円
(日経平均連動型の投資信託に毎月積立)

今後、時期ごとにそのときの借入状況などについて紹介したいと思います。
そして自分のこの借入、返済方法が正しいのか実証できればと考えております。
どうぞ見守っていただければと思いますので、よろしくお願いします。
関連記事


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 PC家電ブログへ
★ご協力お願いします★
テーマ:住宅・不動産
ジャンル:ライフ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック