2012年06月07日 (木) | Edit |
先日の記事の最後で紹介したように、まもなく
「おトクなナイト10の新規加入の申込受付が終了」
してしまいます。終了の時期は、
「電気供給約款変更の実施日前日」
となっております。このわかりにくい電気供給約款変更の実施日ですが簡単に言うと、東京電力が申請している平均10%の値上げが認可され、
「東京電力の電気料金が値上げされる日」
になります。

東京電力のホームページでは7/1からの値上げを申請しているので、このまま認可されれば、
「おトクなナイト10の申込は6/30が締め切り」
ということになります。
※テレビなどで報道されているように、人件費などのコスト改善を求められているので、そう簡単に認可が降りるとは思いませんが。

ちなみに、「おトクなナイト10」は廃止されますが、
「おトクなナイト8は継続」
される予定です。この2つの違いは以下の2つです。

1.夜間時間帯の違い
おトクなナイト10は22:00~8:00の10時間
おトクなナイト8は23:00~7:00の8時間
2.電気料金の違い
おトクなナイト10は昼は30.74円、夜は9.48円
おトクなナイト8は昼は28.07円、夜は9.17円
※1kWhあたりの単価。昼の単価は第2段階料金のもの

つまり
「おトクなナイト10は夜間時間が長い分、単価は割高」
「おトクなナイト8は夜間時間が短い分、単価は割安」

という違いになります。

ちなみに我が家のナイト10とナイト8の料金比較のシミュレーションを東京電力に依頼した結果、従量電灯Bと比較して、
「おトクなナイト8では11.6%の電気代削減」
「おトクなナイト10では12.7%の電気代削減」

となり、
「おトクなナイト10の方が節約効果が高い」
という結果でした。
※詳細は「おトクなナイト(時間帯別電灯)は共働き世帯ではお得な契約方法」を参照ください。

我が家の場合、共働きをしているのですが、
「仕事のため家を出る時間が朝8時」
「22時頃に洗濯乾燥をやり始める」

ということで、我が家の生活リズムがおトクなナイト10に合っていたため、こちらの契約にしたほうが電気料金が安くなったのだと思います。

ともかく、おトクなナイト10の受付がまもなく終了するのは間違いないので、その前に
「電力会社のカスタマーセンター」
に問い合わせて、
「契約変更によるシミュレーション」
を行なってもらいましょう。

「おトクなナイト10」が廃止されると、選択肢が「おトクなナイト8」だけになってしまうので、契約変更をするしないかかわらず、料金を比較してもらった方が絶対良いと思います。

ちなみに6/1から新たに追加されたプランである、
「ピークシフトプラン」
は個人的にはあまりオススメしません。これについては次回説明したいと思います。
関連記事


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 PC家電ブログへ
★ご協力お願いします★
テーマ:節約
ジャンル:ライフ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
先日の記事の最後で紹介したように、まもなく「おトクなナイト10の新規加入の申込受付が終了」してしまいます。終了の時期は、「電気供給約款変更の実施日前日」となってお
2012/06/09(Sat) 14:43:54 |  まとめwoネタ速neo