2012年05月21日 (月) | Edit |
前回の記事では、「CHAN-TORU」「DiMORA(ディモーラ)」を使って、携帯電話などを使用して外出先から録画予約する場合は、
「ソニーよりパナソニックの方が待機電力が少ない」
ということを紹介しました。
そこで今回はこの待機電力をもう少し掘り下げてみたいと思います。

その内容ですが、
「ソニールームリンク(DLNA)をオンにしたとき」
の待機電力について紹介したいと思います。

まずこの「ソニールームリンク」とは、自宅内で離れた場所からLAN経由で、PS3やBRAVIAなどを用いて、
「ブルーレイレコーダーを遠隔操作できる」
機能です。一般的にはDLNA機能と呼んでいるものです。この機能が使えれば、
「自宅内ではVulkanoとほぼ同様のことが出来る」
ことができるといえます。
dlna_on1.jpg

この「ソニールームリンク」をオンにしたときの待機電力ですが、
「1.8W」
という結果でした。
dlna_on.jpg

前回の記事で紹介した結果を総合してまとめると、標準モードの待機電力は
ソニールームリンク(DLNA)、リモート接続オフ:0.6W
ソニールームリンク(DLNA)オン:1.8W
リモート接続オン:16.1W

という結果になり、
「ソニールームリンク(DLNA)の待機電力は少ない」
ことがわかりました。

リモート接続は躊躇してしまう程の待機電力になってしまいますが、ソニールームリンクの場合は気にせず使用してよい待機電力なので、安心して利用できますね。

また5/24から、
「ソニータブレットでもブルーレイレコーダーの操作が可能になる」
ので、ちょっとソニータブレットを買いたくなっております。

そうすれば待機電力が「10w」と若干高いVulkanoを常時電源オンにしておく必要は無くなるのも良いですしね。
とりあえず色々考えてみたいと思います。
関連記事


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 PC家電ブログへ
★ご協力お願いします★
テーマ:節約
ジャンル:ライフ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
前回の記事では、「CHAN-TORU」や「DiMORA(ディモーラ)」を使って、携帯電話などを使用して外出先から録画予約する場合は、「ソニーよりパナソニックの方が待機電力が少な
2012/05/22(Tue) 03:46:26 |  まとめwoネタ速neo