2012年04月22日 (日) | Edit |
今回紹介する「tasker」のオススメの設定例は、
「場所に応じてWiFiやマナーモード設定を自動変更」
する方法を紹介いたします。今回も自分の設定例をもとに実例を示していきます。

【自宅内の動作設定】
1.Context(発動条件)の追加
「Profile」で+キーを押して、追加します。
名前は適当に「自宅の動作」としておきます。
次にFirst Contextを設定しますが、
「State」⇒「Phone」⇒「Cell Near」
screenshot_2012-04-09_2225.jpgscreenshot_2012-04-09_2225_1.jpgscreenshot_2012-04-09_2225_2.jpg
と選択します。この「Cell Near」によって、
「自分の携帯電話がどの基地局と接続されているか」
を判別することができます。

2.Cell Nearの設定
最初は「Cell Tower/Last Signal」には何も記載されていないので、
とりあえず、自宅で「Scan」を押してみてください。
screenshot_2012-04-09_2225_3.jpg
その後「Stop」を押すと、
図のようにいくつかの基地局が自動で登録されます。
screenshot_2012-04-09_2226.jpg
この動作を自宅内で何回か繰り返すことで、自宅周辺の基地局を全て登録していき、自宅判定の精度を高めていきます。
screenshot_2012-04-09_2227.jpg
また実家など自宅以外でもWiFIをオンにしたい場所があれば、実家で「Scan」を押して登録数を増やしていきます。

3.Taskの設定
名前は適当につけましょう。
ここでのタスクは自宅にいる場合は
・WiFiをオン
・マナーモードをオフ

にする設定とします。タスクを追加するには図の「+」キーを押します。
screenshot_2012-04-09_2228.jpg
まずWiFiのオンは
「Net」⇒「WiFi」⇒「On」
screenshot_2012-04-09_2228_1.jpgscreenshot_2012-04-09_2228_2.jpgscreenshot_2012-04-09_2229.jpg
で完了です。マナーモードのオフは
「Audio」⇒「Silent Mode」⇒「Off」
screenshot_2012-04-09_2230.jpgscreenshot_2012-04-09_2231.jpgscreenshot_2012-04-09_2231_1.jpg
で完了です。
マナーモードだけもしくはWiFiだけでいい人は、一つだけを登録してください。
screenshot_2012-04-09_2232.jpg

これで、
自宅近辺の電話基地局に携帯電話が入ったら
WiFiがオンになり、マナーモードがオフになる

という設定の完了です。

この設定でも良いのですが、このままの設定だと、
「自宅内にいるとタスクが実行されたままになる」
「手動でWiFiやマナーモードの設定を変えると
 タスクが再始動するまでは自動変更されない」
 (taskerを再起動、基地局の外にでてまた入るなど)

などのデメリットがあります。そこで僕は
「画面のロック解除」
という条件(context)を追加しています。
screenshot_2012-04-09_2232_4.jpg

4.Contextの追加
「Event」⇒「Display」⇒「Display Unlock」
screenshot_2012-04-09_2232_1.jpgscreenshot_2012-04-09_2232_2.jpgscreenshot_2012-04-09_2232_3.jpg
これを追加すれば、画面ロック解除したときに都度自宅近辺かどうかの判定を行って、タスクを都度実行してくれるので、誤ってマナーモードにしてしまっても、またマナーモードを解除してくれます。
ただ毎回設定をもとに戻してくれる必要のない方はこのContextの追加はしないほうがオススメです。

同様に自宅外の動作を設定します。自宅外では
・マナーモードをオン
・WiFiをオフ

にする設定にします。

【自宅外の動作を設定】
5.Contextの設定
「Profile」で+キーを押して、追加します。
名前は適当に「自宅の動作」としておきます。
次にFirst Contextを設定しますが、
「State」⇒「Phone」⇒「Cell Near」
と選択します。
このとき空欄に先ほど2で設定した登録基地局をコピーして貼り付けします。
その後下の「invert」にチェックをいれます。
screenshot_2012-04-09_2235_1.jpg
これによって、
「登録された基地局以外」
という条件になるので、結果として自宅外での動作設定となります。

6.Taskの追加
まずWiFiのオンは
「Net」⇒「WiFi」⇒「Off」
で完了です。マナーモードのオンは
「Audio」⇒「Silent Mode」⇒「viblate」
で完了です。図は省略します。
screenshot_2012-04-09_2235_2.jpg

7.Contextの追加
「Event」⇒「Display」⇒「Display Unlock」
これで、
自宅近辺の電話基地局に携帯電話が外れかつ画面をロックしたら
WiFiがオフになり、マナーモードがオンになる

という設定の完了です。
screenshot_2012-04-09_2235.jpg

この2つのProfileを追加することで。
自宅:WiFiオン、マナーオフ
自宅外:WiFiオフ、マナーオン

と自動で切り替えてくれます。

しかしながらこの設定においては、
「自宅かどうかの判定は基地局で判定」
しており、基地局というのは結構広い範囲をカバーしているため、
「厳密に自宅かどうかの判定はできない」
のです。
なので、極端な話では自宅と職場の距離がものすごい近い場合などは、
「職場にいても自宅判定されてしまい、マナーモードがオフになる」
という、好ましくない状況が発生します。

自宅判定がアバウトで良い方にはこの設定のままで十分使えますが、もっと厳密に判定をしたい場合は若干設定を変更する必要があります。
次回は自宅判定をさらに厳密に行う方法について説明したいと思います。
関連記事


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 PC家電ブログへ
★ご協力お願いします★
テーマ:お役立ち情報
ジャンル:ライフ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック