2012年02月29日 (水) | Edit |
これまでに何度も紹介しているMNP月々サポートの祭りですが、どうやらまだ祭りは終わらないようです。

今回見つけたキャンペーンは、
「ソニータブレットがMNPでクーポン使用で4,550円」
です。場所はイオンになります。
sonytab.jpg
価格自体は9,800円なのですが郵便局でもらえる5,250円引きのクーポンが使用可能なので4,550円となります。
ただし「予約受付中」となっていたので、手に入れるには少し時間がかかるようです。

今回のソニータブレットを購入した場合のコストを僕が以前購入したN-06C(MEDIAS WP)SO-03C(Xperia Ray)と比較していきたいと思います。

1.初期コスト比較
内訳Sony TabletN-06CSO-03C
本体代9,800 9,800 0
クーポン割引-5,250 -5,250 0
キャッシュバック(ポイント含)0 -10,728 -21,000
auプリペイドカード購入費980 980 980
MNP転出料2,100 2,100 2,100
新規契約料3,150 3,150 3,150
合計10,780 52 -14,770
本体売却代*1-32,000 -15,000 -20,000
合計(本体売却含む)-21,220 -14,948 -34,770
*1オークファンを参考にした価格
初期コストはXperia Rayが一番良いようです。また本体を売却するつもりであればSonyTabletもなかなか良いですね。

2.音声プラン(タイプSバリュー)契約時の比較
内訳Sony TabletN-06CSO-03C
パケホーダイダブル22,100 2,100 2,100
タイプSバリュー1,575 1,575 1,575
月々サポート割引-4,305 -4,172 -3,640
合計0(-630) 0(-497) 35
2年運用合計0 0 840
初期コストを加えた
トータルコスト
10,780 52 -13,930
トータルコスト(本体売却)-21,220 -14,948 -33,930
※SPモードは入る必要がないことがわかったので外しました。
音声契約の場合だとSony tabletもN-06Cも月々サポート額を満額つかいきれないので、もったいない感じになってしまいます。一方でXperia Ray(SO-03C)が月々サポートをきれいに使いきれるということで、かなりおトク感がありますね。

3.データプラン(フラット)契約時の比較
内訳Sony TabletN-06CSO-03C
データプランフラット5,460 5,460 5,460
SPモード315 315 315
eビリング割引-105 -105 -105
月々サポート割引-4,305 -4,172 -3,640
合計1,365 1,498 2,030
2年運用合計32,760 35,952 48,720
初期コストを加えた
トータルコスト
43,540 36,004 33,950
トータルコスト(本体売却)11,540 21,004 13,950

データプランの場合もキャッシュバック額の多いXperia Rayに軍配が上がりました。しかし本体を売却した場合で考えるとソニータブレットが3つの中で一番コストがかからないという結果になります。しかしながらソニータブレットはテザリング機能がないので、テザリングをしたい場合はまた別の機種を用意しないといけないというデメリットもあることに注意してください。

以上のことから考えると、今回のソニータブレットについては
・データプランで運用したい
・本体はすぐ売却する
・ソニータブレットがもともと欲しかった

という方にはオススメの選択肢だと思います。
音声プランで運用したい方にはXperia Rayのようなキャッシュバック額の多い契約がお得だと思います。

ちなみに僕はどうするかということですが、
・ここ数週間で二回線契約しているので90日ルールに引っかかるため、これ以上契約できない
・嫁名義で契約することもできるが、データ回線はN-06Cでもう持っているのでそこまでやる必要もない

ので、しばらくは様子見です。
状況が変わってもっと良い条件が出てきたらまた再検討したいと思います。
関連記事


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 PC家電ブログへ
★ご協力お願いします★
テーマ:☆☆イベント情報☆☆
ジャンル:ライフ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック