2012年02月26日 (日) | Edit |
先日「N-06C(MEDIAS WP)」を購入して、使い始めているのですが「T-01C(RegzaPhone)」と比べると、画面はサクサクですし、なかなか快適に動作しています。中でもN-06Cに変えたことによって、
「Vulkano Flow/LAVAの画質がキレイになった」
ことにかなり驚きました。

それもそのはずです。ioPlazaのホームページによるとAndroidバージョンの違いによる画質の差は以下の様になっています。

画質設定転送時の解像度最大転送速度
◎Android 2.3 / 3.0 以降
Normal352x240/2881024Kbps
Medium640x480/5762048Kbps
High720x480/5763072Kbps
◎Android 2.2 以前
Normal320x240/288600Kbps
Low320x240/288300Kbps
つまり、Android2.3はAndroid2.2と比較すると、
「画面の解像度が大幅にアップ」
しているのです。
これは画面を見ても一目瞭然です。

Android2.2(画質Normal)
android22.jpg
Android2.3(画質High)
android23.jpg

いままでこんなにきれいな画面で見たことがなかったので、かなり世界観が変わりました。一度これを見てしまうとワンセグなんてもうみれないですね~。しかしながらデメリットもあります。それは
「転送速度が大幅に上がってしまう」
ことです。
以前の記事(【VULKANO FLOW】通信量を抑えて帯域制限にかかりにくくする方法)でも紹介しましたが、多くのモバイルのデータ通信は
「データ通信量が多くなりすぎると、速度を制限される(帯域制限)」
のです。
つまり転送速度が上がれば上がるほど、通信量は増大し、帯域制限されるリスクが高まります。
Android2.3では残念ながら最大転送速度はどんなに画質を落としても1024Kbpsなので、Android2.2の300Kbpsには遠く及びません。Android2.3でも画質を落とせれば良いのになぁと思います。

そんなわけで、帯域制限にかかってしまう可能性のあるときには、Android2.2以下のスマートフォンが実は貴重だったりするので、そこはうまく使い分けていければと思います。とりあえずは、
「外で長時間視聴する際にはAndroid2.2以前」
「それ以外の場合はAndroid2.3」

で使い分けていくのが良いのではないかと思います。
関連記事


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 PC家電ブログへ
★ご協力お願いします★
テーマ:AV機器・家電製品
ジャンル:ライフ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック