2012年02月11日 (土) | Edit |
これまでの記事で、
「MNPを活用し多額の月々サポートを得る」
方法を紹介してきましたが、
※1「FOMA/Xiの定額データ通信を格安で運用する方法【パケット代節約】」
※2「FOMA定額データ通信(パケット通信)をさらに!格安で運用する方法」

今回この「MNP月々サポート法」を活用して、
「無料通話をただでゲットする方法」
を紹介したいと思います。

その方法ですが、月々サポート額の高い端末でMNPし、
「パケホーダイダブル2」
「タイプSバリュー」
「タイプリミットバリュー」
「SPモード」

の契約にすることで無料になります。
以下にその具体例を示したいと思います。

P-07CをMNP一括で購入した場合
1.初期費用
内訳金額
本体代*14,300
プリペイド携帯購入費*22,000
MNP転出料2,100
新規契約料3,150
本体売却代*3-15,000
合計-3,450
*1:本体代金の根拠はコチラの記事をご参照ください。
*2:auぷりペイド対応端末を1,000円で購入し、1000円分のプリペイドカードを購入した場合、契約方法についてはコチラの記事を参照ください
*3:オークファンでの落札相場を参考
2.2年間の維持費
内訳金額
データプランフラット代金2,100
タイプSバリュー代金
タイプリミットバリュー代金
1,575
1,365
SPモード代金315
月々サポート割引-3,990
合計0 (-525)

どうですか!初期投資もむしろプラスになっているだけではなく、
タイプSバリュータイプリミットバリューの無料通話2,310円が0円で手に入る」
ことがおわかりになったかと思います。さらに!この回線を
「ファミ割MAX50(家族ファミリー割引)」
に加入させれば、
「2ヶ月くりこしで余った無料通信料を家族で分け合える」
ので、今回契約した端末(P-07C)で、全く通話をしなければ、2ヵ月後には
「2,310円分の通話を家族で使えるようになる」
のです。
また極端な話、このような契約を2個、3個と行なえば、
「さらに多くの無料通話を獲得可能」
となります。まぁどの程度やるかは個々のモラルの問題になると思います。

我が家の場合はおそらく2,310円分の通話料が手に入れば、他の回線については「タイプSSバリュー(980円)」でなんとか維持できそうなので、電話料金の節約にはもってこいの契約なのですが、僕にはプリペイド契約の回線をまだ持っていないので、それを手に入れてから検討したいと思います。
関連記事


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 PC家電ブログへ
★ご協力お願いします★
テーマ:節約
ジャンル:ライフ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック