2012年01月23日 (月) | Edit |
「サーキュレーターでエアコンの暖房効率が本当に上がるのか?」
ということについて前回は、
「サーキュレーターでエアコンの暖房効率を上げる(1)~空気循環編~」
ということで、サーキュレーターによって
「部屋の中の空気が循環される」
ことは確認できたかと思います。

そこで今回は、サーキュレーターによって、
「実際に足元の温度は上がるのか」
ということを検証してみたいと思います。

【検証1~サーキュレーターのオンオフで温度がどう変わるか?~】
部屋の広さ:12畳
エアコン設定温度:22度
測定場所:10cmと120cmで測定
     (エアコン、サーキュレーターの風が直接当たらない場所で測定)
circu_temp1.jpg
この通り、サーキュレーターをオンにすることで
「床下の温度が上昇しました」
その平均温度ですが、
 電源オフ時電源オン
120cm21.0℃20.9℃
10cm16.6℃17.1℃

「0.5℃の上昇」効果がありました。

測定場所と条件を変えて再度テストしてみました。
【検証2~サーキュレーターの強運転、弱運転で温度がどう変わるか?~】
部屋の広さ:12畳
エアコン設定温度:23度
測定場所:20cmと130cmで測定
     (エアコン、サーキュレーターの風が直接当たらない場所で測定)
circu_temp2.jpg
このように床下の温度は、
「強運転>弱運転>電源オフ」
の順に上昇します。その平均温度は以下のとおりになりました。
 電源オフ弱運転強運転
130cm22.3℃22.2℃22.2℃
20cm18.2℃19.0℃19.8℃

強運転の場合約2℃も温度が上昇しました!
しかしながら強運転は「かなりうるさい」ので、温度上昇は少ないけれども、僕は弱運転をオススメします。

この2つの検証実験によって、
「サーキュレーターの温度上昇効果」
が確認できたかと思います。

同じような検証実験は、
「ダイキンのホームページ」
「ZIPのHATENABI(ハテナビ)」
でも行なっていたのですが、どちらの検証結果でも今回の実験結果より温度上昇が大きかったです。
これについては、
「この2つの実験は狭い部屋で行なわれていた」
ことがサーキュレーターの効果をより大きいものにしたものと考えられます。

まぁ僕の行なった2つの実験でさえも結果が異なっていたので、温度上昇については測定場所などによって微妙に変わるのでしょう。

というわけで、
「サーキュレーターはエアコンの暖房効率を上げる」
ということは証明できたかと思います。

少ない消費電力(6.7w)で、温度上昇効果が得られるサーキュレーターは節電のために使える商品だと思います。また節電のことを抜きにして考えても、足元の温度が上がるので、快適な生活を営めるようになります。値段もそんなに高価なものではないので是非お試しいただければと思います。
関連記事


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 PC家電ブログへ
★ご協力お願いします★
テーマ:節約
ジャンル:ライフ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック