2011年02月04日 (金) | Edit |
※「デビュー割スマートフォン・ご愛顧割スマートフォン」の期間が延長されたので、記事を変更させていただきました。

さてスマートフォンで「Pocket WiFi」を使うことはもう1つのメリットがあります。

それはスマートフォンで「Pocket WiFi」を使わずに
パケ・ホーダイ ダブルを使うと上限金額は5,985円となり
大幅な負担増になってしまうということです。
(ちなみに普通の携帯のパケ・ホーダイ ダブルの上限は4,410円)

一方僕の使っているSoftbankのC01HWの「データ定額ボーナスパック」によるWiFi通信だと料金は3,410円(月月割割適用)なので、その差はなんと
「2,575円-ドコモのパケット通信料」
となるのです。
※ドコモのパケット通信料は前の記事でも紹介しましたが1000円かからないと思います。

また「Pocket WiFi」を持つとPSPやipod touchなど他の機器でもネット通信ができるということもあり、「スマートフォン+Pocket WiFi」はかなりお得な組合せなのでおすすめです!

<注意>
この技はおそらく来月(3/1)(期間延長!3/14)からはやりづらくなると思います。

その理由は、スマートフォン購入時の割引方法が変更され、2/283/14に「デビュー割スマートフォン・ご愛顧割スマートフォン」が終了し、3/15から新たに「月々サポート」に変更されるからです。

「デビュー割スマートフォン・ご愛顧割スマートフォン」では購入時に2年機種変更しないことを条件に一定の金額を割引する(T-01Cの場合は機種変の場合15,120円)ものでしたが、新たに始まる「月々サポート」は一気に割引するのではなく2年かけて月々の料金から割引するようです。
(AUの毎月割、ソフトバンクの月月割と同じようなシステムのようです。割引額についてはまだ不明)

これだけならよいのですが、その内容をよく読むと、「月々サポート」の条件に「パケ・ホーダイ フラット」もしくは「パケ・ホーダイ ダブル2」の契約が必須になるようです。
この2つの契約は最低料金がそれぞれ
5,460円(フラット)、2,100円(ダブル2)
なので「月々サポート」を受けると、今回説明した「スマートフォン+Pocket WiFi」の運用方法を行っても、コスト削減が難しい状況となります。だからといって「月々サポート」を受けないと機種変更の値段は当然上がってしまうと思います。

また詳しいことは分かっておりませんが、
「スマートフォン+Pocket WiFi」の運用をしたい方は今月末3/14までの契約が無難なようです!
関連記事


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 PC家電ブログへ
★ご協力お願いします★
テーマ:AV機器・家電製品
ジャンル:ライフ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック