2011年11月10日 (木) | Edit |
今回は、これまでの内容をまとめて
「電球の選び方のフローチャート」
を以下にまとめてみました。
いままでの内容を全てこの記事にまとめたので、電球の交換を検討している方はぜひ参考にしてください。

elecflow.jpg

たどり着いた結果が、
1.白熱電球だった場合
点灯時間が短い場合は白熱電球のままの方がコスト的に合います。
ただ100wの白熱電球を使用していて、もう少し暗くても良い場合は60wの白熱電球に取り替えれば若干の節電になります。

2.電球型蛍光灯だった場合
電源のオンオフが少ない場合はLED電球よりもコストパフォーマンスの高い電球型蛍光灯がオススメです。
オススメの電球は「パルックボールスパイラル」になりますが、点灯してすぐに明るくなってほしい場所は少し高めの「パルックボールプレミアQ」がオススメです。

また電源のオンオフが多いと電球型蛍光灯は寿命が縮まるので、オススメできませんが、広範囲を照らす必要のある場所かつお金をかけたくない場合は安価な電球型蛍光灯はかなりの灰コストパフォーマンスなので元が簡単に取れます。

3.一般型LEDの場合
電源のオンオフが多くダウンライトなど下方向のみの点灯で十分な場合は「一般型LED」に勝るものはないです。
オススメは「LDA7LA1」ですが、暗くてもかまわない場合は安価なルーメンの小さいLED電球で良いです。

4.全方向LEDの場合
DSC_0083.jpg
のような全方向を照らしたい場合は「一般型LED電球」では光の放射が物足りず、部屋全体が明るくなりませんので、こうした場合は「電球型蛍光灯」もしくは「全方向型LED」を選ぶ必要があります。
ただしここにたどり着いた方はお金持ちな方です!なぜならまだ全方向LEDはまだ高価だからです。
暗くても良い場合は「LDA7LG」、明るさを求める場合は「LDA11LG」を選びましょう。ただまだ高いですね。もう少ししたら値段が下がるかもしれないのでそれまで電球型蛍光灯で我慢するのも方法の1つです。
関連記事


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 PC家電ブログへ
★ご協力お願いします★
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック