2011年11月06日 (日) | Edit |
006Z/007Zを使うようになって、約1ヶ月が経過しました。
ソフトバンク(Softbank)の「006z」を使ってみた
Softbank 007Zの白ロムを購入し006ZのSIMを使って通信してみた


このモバイルルーターは、
「月額料金が安く」
「2つの通信網を使い分けられる」

のが、良い点なのですが、これらのモバイルルーターのデメリットとして、
「一度圏外になると、たまに3G通信が復帰しなくなる」
ことがあるのです。具体的にいうと、
「DisconectedからConnectedに戻らない」
のです。
disconnected.jpg
こうなると、WiFiがオンになっていたとしても3Gがオフなので、インターネット通信ができなくなります。
普段はモバイルルーターはポケットかかばんに入れっぱなしなので、3Gがオフになっていることには当然気づかないのでスマートフォンを操作していると、急にネット接続できなくなって、非常に困るのです。

そのときに活躍するアプリが
「mHotspot Monitor」
です。このアプリは、
「ルータの状態(電波や通信状態)をAndroid端末から確認できる」
ので、急に「disconnected」になっても端末から確認できるので、その後の対処がスピーディーに行なうことができるのです。
通信の状況はステータスバーに表示され、
main.jpgconnected(接続状態)
3gbstu.jpgdisconnected(接続不可状態)
と一目瞭然に確認ができるので、「disconnected」になった時点で、
「モバイルルーターのコネクトボタンを押してconnectedに復帰させれば良い」
ので、頻繁にモバイルルーターの画面を見て状況を確認する必要がなくなり、非常に楽になりました。

「006Z/007Z」はこの「disconected」状態が結構頻発するので、ルーターの液晶画面を頻繁に見ている方は「mHotspot Monitor」をインストールしてみてはいかがでしょうか。
関連記事


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 PC家電ブログへ
★ご協力お願いします★
テーマ:便利・お得な情報
ジャンル:ライフ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック