2011年11月03日 (木) | Edit |
各種電球のコスト比較の第9弾は
「我が家での電球交換の状況」を公開したいと思います。

我が家の電球ですが、マンションを購入したときから、
「60Wの白熱電球」
「100wのレフ型白熱電球」

の2つで構成されていました。

しかし今考えてみればこれは、
「明るい方が見栄えがよくなってマンションが売れやすい」
「白熱電球のコストはどの電球と比べても一番安い」
という、マンション販売業者の意図があったように感じます。

このままではいけないと思い、これまで8回に分けて電球のコスト比較を行なってきたわけですが、
我が家におけるその成果について紹介させていただきます。

1.白熱電球→電球型蛍光灯
「点灯時間が比較的長い」
(各種電球のコスト比較3~白熱電球のままでも良い場合~)

「電源のオンオフが少ない」
(各種電球のコスト比較2~LED電球の方が有利な場合~ )

「全方向から光を照らしたい」
(各種電球のコスト比較1~電球型蛍光灯がLED電球より有利な場合~ )

DSC_0083.jpg
※このようなソケットの形状の場合がこれにあたります。
このような場合は電球型蛍光灯がオススメです。

電球型蛍光灯の種類ですが、通常は安い、
「パルックボールスパイラル」
(各種電球のコスト比較7~安い電球型蛍光灯も場所によってオススメ~ )
で問題ないのですが、
点灯してすぐに明るくなってほしいひとには、少し高めの
「パルックボールプレミアQ」
がオススメです。

我が家では「キッチン」「風呂場」がスイッチのオンオフが少なく、比較的長く点灯している場所なので、この2箇所を電球型蛍光灯にしました。
「キッチン」は安い電球型蛍光灯「パルックボールスパイラル」
「風呂場」は点灯後すぐ明るくなる高価な蛍光灯「パルックボールプレミアQ」
を用いていますが、今考えると安い電球型蛍光灯で十分だったと思います。

2.白熱電球→LED電球
「点灯時間が比較的長い」
「電源のオンオフが多い」
(各種電球のコスト比較2~LED電球の方が有利な場合~)

「ダウンライトとして使用」
(各種電球のコスト比較8~LED電球とダウンライトは相性抜群!~)

DSC_0082.jpg
※上のようなソケットの形状がこれにあたります。
このような場合はLED電球がオススメです。

次にLED電球の選択方法ですが、価格と性能を総合して考えた場合、
「LDA7LA1」
パナソニック LED電球(電球色)LDA7LA1...

パナソニック LED電球(電球色)LDA7LA1...
価格:1,396円(税込、送料別)

がオススメですが、多少暗くても良い場合は
のような安いLED電球で問題ありません。

我が家では「洗面所」がスイッチのオンオフが多く、比較的長く点灯しており、ダウンライトのソケットなので、
「洗面所」を明るめのLED電球(LDA7LA1)に交換しました。

3.白熱電球(100W)→白熱電球(60W)
「点灯時間が短い」
「明るさをそれほど必要としない」

(各種電球のコスト比較3~白熱電球のままでも良い場合~)

場合には、白熱電球のワット数を下げるのがオススメです。
我が家の場合「玄関」がそこまで明るい必要がなかったので、100wのレフ型白熱電球を、60Wの白熱電球にしました。

これらをまとめると以下の表になります。
設置場所洗面所風呂キッチン玄関廊下トイレ
電球数223121
以前使用白熱電球100W60W100W100W60W60W
消費電力(w)1801082709010854
現在商品名LED電球
(LDA7LA1)
パルック
ボール
プレミアQ
パルック
ボール
スパイラル
60w電球変更なし変更なし
消費電力(w)13.820365410854
投資金額(円)294021841020000
1日点灯時間(分)60603051010
年間節約金額(円)13357079402400

これを見てわかるように、
投資金額が「6,144円」
年間節約金額が「3,004円」
なので、
「約2年で元が取れる」
計算になります。

2年で元が取れるのであれば、電球型蛍光灯もLED電球も最低10年は持つと思う
(各種電球のコスト比較2~LED電球の方が有利な場合~)ので、良い投資だったと思います。

次の第10弾で電球の件について一回まとめたいと思います。
これまで、長々と書いてしまっていたので、簡素にまとめられたらと思っています。
関連記事


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 PC家電ブログへ
★ご協力お願いします★
テーマ:節約
ジャンル:ライフ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック