2011年01月27日 (木) | Edit |
前回「Pocket WiFi」の定額データ通信の比較を行いましたが、そのまとめをしたいと思います。

①都会に住んでいる人で、家でも「Pocket WiFi」を利用する。
「WiMAX」がおすすめ!

 都会に住んでいればWiMAXでも電波の心配はないと思います(念のためTryWiMAXで確認を)。
 家も「Pocket WiFi」を利用すれば、家でADSLや光などの別の回線を契約する必要がないので、
 トータルで料金は格安になります。

②比較的都会に住んでいる。家には別に契約したADSLや光などの回線がある。
→Softbankの「データ定額ボーナスパック」がおすすめ!

 比較的都会であればSoftbankの電波(実際はイー・モバイルですが)でも十分カバーできます。
 家でインターネット環境が別にあれば、WiMAXよりもこちらのほうが維持費が安いです。

③田舎で電波が弱い。「Pocket WiFi」ではメールとインターネットぐらいしかしない。
→b-mobileの「b-mobileSIM U300」がおすすめ!

 田舎で電波の入りが悪い場合はFOMA回線がベストです。メールとインターネット程度の利用であれば
 通信速度が最大で300kbpsのb-mobileでもそれほど問題なく、低コストで運用が可能です。

④田舎で電波が弱い。youtubeなどのストリーミングも楽しみたい。
→NTT Docomoの「定額制データ通信」しか選択肢がない!

 上記の条件を満たせるのはDocomoしかないと思います。値段は高いのですが、快適だと思います。

自分の場合は普段は②の条件に当てはまると思い、Softbankの「データ定額ボーナスパック」
を契約したのですが、職場周辺だけ電波が入らない状態です。
Docomoにしようとも考えましたが、職場ではあまりモバイル通信をしないことを考えれば、
現状で我慢したほうが、コストが抑えられますからね。でもDocomoだと快適なんでしょうね。。。
関連記事


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 PC家電ブログへ
★ご協力お願いします★
テーマ:AV機器・家電製品
ジャンル:ライフ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック