2011年01月22日 (土) | Edit |
今回は各社から出ている「Pocket WiFi」の定額データ通信の比較を行ってみたいと思います。

①NTT Docomoの「定額制データ通信」
 ○・・・なんといっても電波のカバー率が他と比べ物にならずよい!
 ×・・・高い!キャンペーン中でも4,410円+プロバイダ料金(約500円)かかり、
    キャンペーン終了後(1年後)には5,985円+プロバイダ料金になる。
 ×・・・2年縛りである。中途解約は手数料(9,975円~26,880円)を取られる。

②Softbankの「データ定額ボーナスパック」
 ○・・・低価格!
    C01HWをスパボ一括0円で購入(こちらの記事を参考に)することで
    月々割の1,000円が2年間適用され、
    月の料金が4,410円(キャンペーン価格)-1,000円=3,410円で利用できる。
    (1年後に3,980円、2年後に4,980円になります)
 ○・・・縛りがないのでいつでも解約できる
 ×・・・電波がドコモより悪い。

WiMAX
 ○・・・低価格
    1年縛りのプランで月3,880円、縛りなしだと4,480円
 ○・・・速度が速い(最大で40Mbps)
 ×・・・電波が入らない地域が多い
 ×・・・屋内の電波受信が悪い(奥まった場所だと圏外になりやすい)

④イー・モバイルのデータプラン
 ○・・・多彩な料金体系(あまり通信をしない人には有利か?)
 ×・・・提供しているサービスはSoftbankと変わらないのに価格が割高。
    (Softbankはイー・モバイル回線を使って定額データ通信を提供している)
 ×・・・月額料金を安くするには2年縛りとなってしまう。

⑤b-mobileのb-mobileSIM U300
 ○・・・安い!1ヶ月2,980円!1年分まとめ買いするともっと安くなる!
 ○・・・ドコモの通信網を使用しているので電波のカバー率がよい!
 ×・・・通信速度が最大で300kbpsと非常に遅い
 ×・・・そのためyoutubeやskypeなどの速度を要求されるサービスは厳しい。

このように一長一短ありますが、次回の記事でまとめをしたいと思います。
関連記事


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 PC家電ブログへ
★ご協力お願いします★
テーマ:AV機器・家電製品
ジャンル:ライフ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック