2020年02月07日 (金) | Edit |
今回は個別株購入銘柄の36回目
「ロイヤルダッチシェル(RDS-B)」
について、購入理由などをご紹介したいと思います。


※間違えて特定口座で買ってしまいました。。NISAに買えると手数料などで5000円くらい余計にかかってしまいます。。配当日までにクロスしたいとおもいますが、とても気が重いです。。

1.驚異の利回り7%!
外国株は日本株と比較して配当性向が高い企業が多いのですが、この銘柄はその中でも特に配当利回りが高いです。
ここ数日のコロナショックで原油が値下がりしたことが影響して、年初の段階で60.4ドルだった株価が、51.7ドル(約14%の下落)まで低下しました。その影響もあって、予想配当利回りも
「6.2%から7.3%までに上昇」
しました。また現在の株価水準が2016年以来の株価ということもあって今回購入しました。ちなみに私はすこし上昇してからの購入なので、配当利回りは7%となっております。

2.減配のリスクが少ない
ロイヤルダッチシェルについては
「三菱サラリーマンが株式投資でセミリタイア目指してみた」
というサイトの情報がとても詳しく、参考になるのでご紹介させていただきます。

こちらの記事の内容を見るとなんと
「74年減配なし」
という実績があるようです。

今後電気自動車の普及などによって石油の需要は減っていくという懸念はありますが、この実績は心強いです。

3.NISA口座なら配当非課税
米国株の弱点は、配当が支払われると
「アメリカの税金」
「日本の税金」

の両方がひかれるいわゆる2重課税になってしまうことで、配当利回りが大きく下がってしまうのですが、ロイヤルダッチシェル(RDS-B)はアメリカに上場している英国株(ADR:米国預託証券)のために
「アメリカの税金は発生しない」
のです。さらにNISA口座で取引することで
「日本の税金も非課税」
になるので、ロイヤルダッチシェルの配当は
「5年間は非課税」
で受取ることができます。このまま7%の配当が継続すれば
「5年で購入金額の35%を配当で受け取れる」
ということでかなりおいしいと思います。

4.今後も高配当株を集めたい
私の将来ビジョンの中で
「配当で不労所得を得る」
という部分があります。今回購入したロイヤルダッチシェルはそのための原資ということになります。今後も割安局面で配当利回りが高くなる銘柄が出てきたら、将来の資産形成のために1つの銘柄に偏ることなく、バランス良く、買い増していきたいと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 PC家電ブログへ
★ご協力お願いします★