2019年05月14日 (火) | Edit |
先日
「5月の株主優待の取得予定について」
の記事にて、ツルハの株をつなぎ売りしたことをご紹介いたしました。

その際、楽天証券にて買い方(買建)の方を
「いちにち信用」
で信用買いを行って、約定日の当日に
「現引き」
を行うことで、大幅に手数料を抑えることが可能です。

下記に現物買いでつなぎ売りした場合と、いちにち信用+現引きでつなぎ売りした場合の手数料の比較を行いました。
購入方法現物買いいちにち信用+現引き
販売手数料54円(5万以下)~
525円(100万以下)
0円
金利なし年率1.90%
(100万以上は0%)
現引き手数料なしなし
いちにち信用+現引きの場合は手数料は金利のみとなります。その金利は年率1.90%ですが、当日中に現引きするので、実際の手数料は
「0.0052%(100万円で52円)」
しかかかりません。しかも約定金額が100万以上の場合は
「金利も0円になる」
ので超お得になります。

一方で現物買いの場合は
「5万円まで54円」
「10万円まで97円」
「20万円まで113円」
「50万円まで270円」
「100万円まで525円」
「150万円まで628円」
「3,000万円まで994円」

と、取引金額が高くなるほど手数料も高額になってしまいます。

また下記の図が今回ツルハホールディングスをつなぎ売りした際の手数料になります。
turu5_2.jpg
このように買い側の手数料は
「金利分の47円」
しかかかっておりません。現物で購入すると525円かかっていたので、かなりお得に購入することができました。

売り方の手数料は販売手数料の378円と3日分の貸株料294円で、ツルハのつなぎ売りにかかったコストは
「719円」
でした。このコストで2,500円分の商品券と5%割引カードがもらえるならかなりお得だったと思います。

一点注意点があります。それは現引きを忘れると強制決済されます。その際オペレーター経由の手数料となり、
「高額な手数料(なんと3,000円超!)を取られる」
ので、約定後に必ず現引きを忘れずに行いましょう!

このように対象銘柄は限定されるのですが、楽天証券ではいちにち信用を行うことができれば、他社でつなぎ売りを行う場合と比べて手数料が安くなる可能性がありますので、銘柄の在庫次第ではありますが、いちにち信用が可能かどうか確認してみることをオススメいたします。



ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 PC家電ブログへ
★ご協力お願いします★