2019年04月22日 (月) | Edit |
GoogleHomeAmazonEchoどのスマートスピーカーを用いて
「OK google、電気をつけて」
「アレクサ、電気をつけて」

と声をかけて、照明のオンオフができればいいなと考えたことはありませんでしょうか。実は私もその一人でこの度我が家のリビングをスマートスピーカーに対応させようと考えました。

ちなみに今のリビングは
「6畳用のシーリング蛍光灯を2つ」
取り付けております。

そして、当初は先日の記事
「スマート電球のPhilips Hueを寝室に取り付けて目覚め改善」
でご紹介させていただきました通り、すでに寝室にはHueを既に取り付けているので、最初は
「リビング全体をhueに付け替える」
予定でいました。

しかし寝室あるhueのペンダイトライトを試しにリビングにつけてみると
「明るさ最大でもなんか暗い」
感じがしました。今取り付けている6畳用の蛍光灯よりもかなり暗いです。

我が家の蛍光灯は
「パルックプレミアの30型+40型」
なので、これをルーメンに換算すると
「5,000ルーメン程度に相当」
します。hueは1個800lmなので、同じくらいの明るさを目指すには
「最低でもhueが4個は必要」
になります。となると、hueを使う構想としては

のようなスポットライトにHueを4つつけることとなります。つまり今の蛍光灯からhueに置き換えるとなると
「上記のスポットライトが2個とhueが8個」
必要になってくるのです。その場合のコストは
「概算で約30,000円」
が必要になります。これだとかなり投資が高額になるだけでなく、明るさの面でも不安があったので、hueに置き換えるという案は却下することとしました。

そこで私のとったプランは
「スマートスピーカに対応したスマートリモコンから照明を操作させる」
方法です。先日の記事
「AmazonでEchoとリモコン(RS-WFIREX3)がセットで9980円!」
にて、スマートスピーカーのAmazonEchoとスマートリモコンであるラトック製のRS-WFIREX3を購入しました。このスマートリモコンは
「色々なリモコンの信号を学習して付属のリモコンの代わりに家電を操作」
が可能で、RS-WFIREX3
「スマートフォンやスマートスピーカーから操作可能」
となるので、
「Echoに話しかけることでRS-WFIREX3を動かして、照明をオンオフ」
することが可能になります。
※これはRS-WFIREX4でも同じことが可能です。

さらに照明だけではなく
「RS-WFIREX3にリモコンを覚えさせることが可能な家電すべての操作が可能」
になるので、
「テレビのオンオフやチャンネル変更」
「エアコンのオンオフや設定温度の変更」

といった操作もスマートフォンからやスマートスピーカーに話しかけることで操作が可能になります。

つまりRS-WFIREX3RS-WFIREX4を使用することで
「リモコンで操作可能な家電はすべて操作可能」
となるということになります。

ちなみに我が家でもともと使用していたリビングの蛍光灯は
「リモコンで操作ができないタイプの蛍光灯」
だったので、これを機に
「リモコンで操作可能な調光調色対応LEDシーリング」
を購入することとしました。リモコンで操作可能なLEDシーリングであれば
「6,000~8,000円と比較的安価に購入が可能」
で、RS-WFIREX3を別途用意する必要がありますが、
「20,000円以下でスマートリモコンの環境が構築」
されますので、hueのプランよりもかなり安く環境構築が可能です。

さて次回は
「スマートリモコンに相性の良いLEDシーリングの紹介」
を行っていきたいと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 PC家電ブログへ
★ご協力お願いします★