2019年03月28日 (木) | Edit |
さて医療保険については
「医療保険は入るべき?~結論はやはり未加入が正解でした~」
「医療保険は加入の必要なし~貯蓄の方が明らかにお得~」
「医療保険について~他の保険とのリスクの比較~」

で紹介してきたように、積極的に加入するのはあまり得ではないというお話をさせていただいております。

一方で私は
「先進医療特約付き医療保険」
に加入しております。加入している理由については
「医療保険の先進医療特約には入った方が良いという訳について」
でご紹介しているのですが、今回は私の加入している保険の事例での損益計算をしてみたいと思います。

1.保険内容
入院日額:5,000円
手術特約:5~20倍
先進医療特約:あり
無事故割引特則:あり(5年ごとに10%割引で最大50%まで)

このように無事故割引を除けば、一般的な医療保険かと思います。

2.損益
到達年齢掛け金総額払い戻し
保険金
保険料控除差額
85905,100 180,470 185,757 538,873
90956,820 265,000 195,222 496,598
951,021,470 405,000 204,687 411,783
1001,073,190 515,000 214,152 344,038
このように100歳まで生きたとしても、34万くらいの赤字になってしまうという結果でした。先進医療特約を使うことになれば、保険に入っておいてよかったとなる可能性は高いですが、この差額だとやっぱり入らないで貯蓄なり運用しておいた方がよかったという結論かと思います。完全に若気の至りで契約してしまった感じですね。

ちなみに今解約すると
「すでに25万くらい払った保険料が丸損」
になってしまいます。25万だと微妙なところですよね。まぁ月額保険料が無事故割引で50%になると月額1080円程度になるので、ここまで来たらもっておこうかなとおもいます。生命保険料控除も一応つきますしね。

というわけで、医療保険を検討している皆様、加入の前には簡単にでもよいのでこのように損益を計算してみて、加入する必要があるかどうかを吟味してから加入を検討していただければと思います。


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 PC家電ブログへ
★ご協力お願いします★