2018年03月13日 (火) | Edit |
前回のUQ-mobileの時も使用してしばらく経ってから通信量を紹介させていただきましたが、今回もmineoに切り替えてから4ヶ月が経ちましたので、
「4ヶ月使用した際の通信量」
についてご紹介させていただければと思います。

4ヶ月使用した際の通信量と主要アプリの通信量を表にまとめてみました。

なお私は
「使用MVNO会社をUQmobileからmineoに変更しました」
でご紹介したように
「DプランのSIM(私用)」
「DプランのSIM(嫁用)」
「AプランのSIM(ルーター用)」

の3枚のSIMを持ってますので、この3枚を含めた形での利用状況をご紹介したいと思います。

【私の使用状況】
総データ使用量アプリ別
ブラウザYoutubeテザリングDAZN
11月5.65GB2.99GB1.36GB470MB475MB
12月8.11GB4.80GB1.55GB1034MB0MB
1月6.43GB3.87GB1.42GB411MB0MB
2月8.54GB5.53GB1.36GB980MB0MB
平均7.54GB4.30GB1.42GB701MB475MB
※1ルーター用のSIMの通信量はテザリングの項目に含めて表示しています。
※2最後の平均値ですがDAZNはJリーグシーズンオフは使用していないので、11月の数値をそのまま平均値として利用しています。


【嫁の使用状況】
総データ使用量アプリ別
ブラウザYoutubeLINEAmazon
11月1.60GB0.90GB220MB250MB50MB
12月2.28GB1.08GB427MB207MB97MB
1月2.00GB0.97GB501MB407MB35MB
2月1.36GB0.88GB56MB249MB10MB
平均1.81GB0.96GB301MB278MB48MB
このように平均すると私と嫁さんで
「毎月9.35GB」
を利用していることがわかります。

UQ-mobile使用時の時と比較をすると
「ブラウザの通信量が大幅増」
「Youtubeの通信量は若干減」

しております。ブラウザの通信量がこんなにも増えたのはよくわかりませんが、通信速度が速くなった分、ページをめくる速度もあがったということなのかもしれません。またYoutubeの通信量は横ばいでしたが、これは無制限のことと比べるとYoutube自体を見る時間が減っているとおもいますので、その辺が影響したと思います。

また私と嫁さんの違いは私がネットを見すぎているということがよくわかるということと、LINEの使用機会が嫁さんの方が圧倒的に多いということですかね。この辺も個性が良く表れていると思います。

ちなみに私はSIMを3枚持ってますので、
「毎月9GBまでは定額の範囲内」
なのですが、毎月の使用通信量をみても
「7GB~10GBで推移している」
状態ので、実際今まで繰り越しなどを活用することによって、通信量については不足も過剰にもなっていないので、今の状態はちょうど良いと思います。

というわけで私はUQ-mobileからmineoに乗り換えて
「月額料金は安くなった」
「通信量も当初の想定に収まった」

ということから、かなり満足しております。

これまでmineo(マイネオ)についての記事は
「使用MVNO会社をUQmobileからmineoに変更しました」
「利用状況別のおすすめMVNO紹介(mineo,BICLOBE,UQ mobile)」
「mineoは利用状況によっては複数回線契約の方が安い」
「複数台契約する場合のBIGLOBEとmineoとUQ mobileのコスト比較」
「複数台でパケットをシェアする場合はmineoがお得」
「mineoのキャンペーンを活用した実質料金」

などに掲載しておりますが、今現在のmineoのキャンペーンは
「900円引きが1年から半年に縮小」
されてはいるのですが、
「紹介倍増キャンペーンは3/31まで継続」
しておりますので、今であれば当ブログに掲載している内容とほぼ同じの月額料金でmineoを契約できると思います。

また色々なページに既にリンクを貼らせていただいているのですが
「こちら」
から申し込んでいただくと私が紹介者になりますので、1回線目の紹介者がもしいらっしゃらない場合はご活用いただけるとうれしいです。2回線目以降はご自分の回線を紹介元に使用してください。

以上、今回はmineoのレビューをお送りいたしましたが、紹介キャンペーン900円引きキャンペーンも引き続き続いておりますので、今からMVNOを検討される方々も有力な選択肢になってくるかと思います。

またMVNOについても何か良い話がありましたら記事にしていきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。



ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 PC家電ブログへ
★ご協力お願いします★
2018年03月12日 (月) | Edit |
今回はクレジットカードシリーズの番外編
「nanaco払いを行う場合にお得なクレジットカード」
をご紹介いたします。

これまで当ブログにおいて紹介してきたnanacoチャージ用にオススメしてきたカードは
「楽天カード(JCB)」
「Yahoo! Japanカード(JCB)」
「リクルートカード」
の3枚でしたが、そのうち
「楽天カードはポイント付与の対象外」
「Yahoo! Japanカードは還元率が0.5%に低下」

となってしまいました。

残るは
「リクルートカードの1.2%」
だけとなってしまったのですが、私は
「リクルートカードのポイントが利用しにくい」
ことからカードを所有していないのです。そこで今回はリクルートカードを利用する以外の方法で
「nanacoチャージをお得に行うための方法」
についてご紹介したいと思います。

※4/20よりnanacoチャージ不可になりました。詳細は
「ANA JCBプリペイドからのnanacoチャージが4/20から終了。。」
をご参照ください。

1.ANA JCBプリペイドを使用する
ANA JCBプリペイドLine Payと同様にJCBが発行するプリペイド型クレジットカードですが、このカードはLine Payとは異なり、
「nanacoチャージができる」
プリペイドカードとなります。チャージの時点ではポイントは付与されないのですが、
「ANA JCBプリペイドにチャージするタイミングでポイントが付与」
されるので、
「楽天カード(JCB)からANA JCBプリペイドにチャージ」
することによって
「楽天ポイントが1%分付与される」
ことになります。つまり
「楽天カード→ANA JCB→nanaco」
とANA JCBを媒介させることで、間接的にnanacoチャージで楽天ポイントを得るという方法になります。

注意点としては
「JCB以外の楽天カードではチャージ不可」
なので楽天カードはこれまで通りJCBである必要があります。

このANA JCBプリペイドですが
「2018年3月31日までは利用開始手数料が無料」
ということなので、私は使うかどうかわかりませんでしたが、一応申し込んでおきました。
※初回利用開始手数料が無料なので3/31までに発行するのではなくチャージを行う必要があるので注意してください。


2.J'sコンシェル経由でnanacoギフトを購入
J'sコンシェルはJaccsカードを契約している方に提供している福利厚生サービスで、私が保有している
「Reader's cardもサービスの対象カード」
となっております。このサイトを経由することで
「1,000円分のnanacoギフトを980円で購入」
することが可能となっております。支払いは現金になってしまうのですが、現金で支払っても、
「還元率は2.04%」
なので、現状一番良い還元率なのでは無いかと思います。

この方法の注意点ですが、この還元率は3/31までの期間限定となっていて、終了後は
「1,000円分のnanacoギフトは990円で購入」
となってしまい還元率が低下してしまいます。しかしそれでも
「還元率は1.01%」
なので、リクルートカードには劣りますが、1よりは還元率は高いです。

もう一つの注意点が
「振込手数料は自己負担」
であるという点です。
しかしこれはSBIネット銀行など
「振込手数料が無料の金融機関を活用」
することで問題は解決できるかと思います。

私自身は当面は
「J'sコンシェル経由でnanacoギフトを購入」
していこうと思っておりますが、これも状況が変わったらまたどうなるかわかりませんので、状況が変わりましたらまたご報告させていただければと思います。
jcon_nanaco.jpg
とりあえず3万円分購入してみました。

以上で長らく紹介してきたクレジットカードシリーズは一段落いたします。
また今後さらに良い情報がでてきたら、改めて紹介していきたいと思いますので、今後ともよろしくお願いいたします。


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 PC家電ブログへ
★ご協力お願いします★
2018年03月09日 (金) | Edit |
今回は
「イオンで買い物用のクレジットカード紹介」
をご紹介したいと思います。

そもそもこの記事ですが、私自身が
「イオンの株主優待(オーナーズカード)のキャッシュバックがお得!」
などで記載しておりますように、イオンで
「オーナーズカードを提示して購入」
しているので、こうした内容の記事をご紹介させていただいている次第です。なので
「イオンの買い物はほとんどしない」
「イオンオーナーズカードは使用していない」

方については、このようなカードを準備する必要はなく、
「Line Payの2%還元を受けるのが一番効率的」
です。

イオンオーナーズカードのキャッシュバックを受ける条件として
「現金払い」
「イオンカード払い」
「WAON払い」
「イオン商品券」

のいずれかの支払い方法でないと
「キャッシュバックが適用にならない」
という条件があるため、オーナーズカードのキャッシュバックのキャッシュバックを受けるためにはLine Payによる支払いはできないということになります。

こうした上で、オーナーズカードのキャッシュバックを受けることができ、かつポイント還元を受けることが出来る方法は
「イオンカードによるクレジット払い」
「イオンカードセレクトでオートチャージしつつのWAON払い」
「JALカードでオートチャージしつつのWAON払い」

の3つの方法で、WAON払いによる方法は以前
「JALカードとイオンカードセレクト~WAONチャージ・利用比較~」
で紹介させていただいたとおりです。

そしてそれぞれの利用還元率は
「イオンカードが1%」
※イオンでの買い物はポイント2倍で1%となります。

「イオンカードセレクト+WAONが1%」
※オートチャージで0.5%、WAON利用で0.5%
「JALカード+WAONが1.5%」
※ショッピングマイルプレミアム加入時
となります。ちなみにJALカードでクレジット払いをするとイオンでは2%の還元率となりますが、こうするとオーナーズカードのキャッシュバックを受けられなくなるので駄目です。

まずこの中で一番還元率が悪いのがイオンカード払いになります。その理由ですが
「WAONはボーナスポイントがつく商品がある」
「5のつく日はWAONポイントが2倍になる」

ので、WAON払いは得はあっても損はない感じです。

ちなみに以前の記事
「WAONをチャージ・利用するならイオンカードセレクトがお得」
ではセルフレジや5のつく日のチャージでポーナスポイントなどありましたが、セルフレジはいつの間にか姿を消し、5のつく日のオートチャージもなかなか使いにくいサービスなので、現状ではWAON払いをしてもそこまで大きく得することはありません。

さてここからが本題ですが、
「イオンカードセレクトとJALカードどちらが得か」
ということを考えていきたいと思います。

まず年会費ですがイオンカードセレクトは無料ですが、JALカードの場合はショッピングマイルプレミアムも加入すると
「合計5,400円の年会費」
となります。なのでこの5,400円の年会費を取り戻すためにはイオンで
「年間108万以上の買い物」
を行う必要があります。しかしマイルは1マイルで2円くらいの価値があると考える方もいらっしゃいますので、そうすると
「年間54万以上の買い物」
で元が取れることになります。

ちなみに我が家では54万の買い物をすることはあっても108万の買い物を行ったことはまずありません。また飛行機に乗る機会もほんとにわずかですので、我が家の結論としては
「イオンカードセレクトでのWAON払い」
ということになりました。

さて次回は番外編
「nanaco払いを行う場合にお得なクレジットカード」
をご紹介させていただければと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 PC家電ブログへ
★ご協力お願いします★