2018年01月29日 (月) | Edit |
以前の記事
「確定拠出年金の運用は楽天証券とSBI証券がオススメ」
で紹介したように、私自身確定拠出年金の運用を去年の8月から始めており、そろそろその辺の記事をまとめようと思っていたところ、
「手数料無料の金融機関が増えている」
ということに気づきましたので、まずは2018年1月現在の
「確定拠出年金(iDeCo)の運用にオススメの金融機関」
を紹介したいと思います。

1.手数料が無料の金融機関
今現在手数料が無料の金融機関は
「楽天証券」
「SBI証券」
「マネックス証券」
「イオン銀行」

など結構増えてきました。私が始めたときは
「楽天証券」
「SBI証券」

の2社だけたったので、選択肢がかなり増えてきてます。

2.おすすめの金融機関は
以前の記事
「確定拠出年金の運用は楽天証券がオススメ」
で紹介したように、確定拠出年金を運用する金融機関選びで重要なポイントは
「手数料が安い」
「信託報酬が安い」

の2点です。手数料については上記で紹介したように、無料の金融機関が増えてきました。その無料の金融機関の中で最も信託報酬が低いのは
「マネックス証券」
です。

3.信託報酬の比較
確定拠出年金の運用は
「売却益が非課税」
であることから、スイッチングしても税金が発生しません。そのため私がこのブログにおいて毎回ご紹介している
「レラティブストレングス投資」
と非常に相性が良いです。ここで私が今運用している楽天証券と2018年段階でオススメのマネックス証券でレラティブストレングス投資を行う際の銘柄の信託報酬の比較をしてみたいと思います。

楽天証券
ジャンルファンド名信託報酬
国内株式三井住友・DCつみたてNISA・日本インデックスファンド0.1728
国内債券たわらノーロード国内債券0.1620
国内リート三井住友・DC日本リートインデックスファンド0.2808
先進国株式たわらノーロード先進国株式0.2430
先進国債券たわらノーロード先進国債券0.2160
外国リート三井住友・DC外国リートインデックスファンド0.3024
新興国株式インデックスファンド海外新興国(エマージング)株式0.5940
新興国債券インデックスファンド海外新興国(エマージング)債券0.5616

マネックス証券
ジャンルファンド名信託報酬
国内株式DIAMDC国内株式インデックスファンド0.1674
国内債券三菱UFJ国内債券インデックスファンド0.1296
国内リートDCニッセイJ-REATインデックスファンドA0.2700
外国株式eMAXIS Slim 先進国株式インデックス0.2160
外国債券eMAXIS Slim 先進国債券インデックス0.1836
外国リート三井住友・DC外国リートインデックスファンド0.3024
新興国株式eMAXIS Slim 新興国株式インデックス0.3672
新興国債券iFree新興国債券インデックス0.2376

信託報酬の比較
ジャンル楽天証券マネックス証券
国内株式0.17280.1674
国内債券0.16200.1296
国内リート0.28080.2700
外国株式0.24300.2160
外国債券0.21600.1836
外国リート0.30240.3024
新興国株式0.59400.3672
新興国債券0.56160.2376

このように全銘柄で
「マネックス証券の信託報酬が低い」
という結果になっております。

ここでは割愛しますが、SBI証券など他の金融機関と比べてもマネックス証券の信託報酬は低く設定されていることから、現段階では
「マネックス証券が一歩抜けた存在」
となっているようです。

ちなみに私はしばらくは楽天証券でやろうと思っています。その理由は
「確定拠出年金の運用会社を変えるのが非常に面倒」
だからです。ただ信託報酬があまりにも違う場合、現在はまだ投資金額が低いのでそこまで影響はありませんが、投資金額が大きくなってくると、信託報酬の違いで運用コストがかなり変わってきてしまうので、楽天証券のラインアップが数年後も今のままでしたら、乗り換えようかと思っている次第です。

今後また状況は変わるかもしれないですが、いまから確定拠出年金(iDeCo)の運用を始めるのであれば、マネックス証券で始めるのがよろしいかと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 PC家電ブログへ
★ご協力お願いします★
2018年01月02日 (火) | Edit |
新年あけましておめでとうございます。また今年もよろしくお願いいたします。
今年最初の記事はいつも恒例の
「レラティブ・ストレングス投資」
の運用報告をご報告したいと思います。

1.運用成績
評価日レラティブ・ストレングス野村インデックスF新興国株式
評価額投資額損益率評価額投資額損益率
1月1日1,742,4541,191,000146.3%554,892385,000144.1%
12月1日1,695,7081,176,000144.2%537,849380,000141.5%
11月1日1,651,9871,161,000142.3%526,371375,000140.4%
10月1日1,568,3381,146,000136.9%499,952370,000135.1%
9月1日1,525,2211,131,000134.9%490,534365,000134.4%
8月1日1,506,1051,116,000135.0%473,383360,000131.5%
7月1日1,471,4821,101,000133.6%451,087355,000127.1%
6月1日1,432,8161,086,000131.9%439,559350,000125.6%
5月1日1,385,6861,071,000129.4%421,654345,000122.2%
4月1日1,357,2741,056,000128.5%413,286340,000121.6%
3月1日1,336,6761,041,000128.4%398,617335,000119.0%
2月1日1,294,5651,026,000126.2%385,251330,000116.7%
1月1日1,267,6711,011,000125.4%364,171325,000112.1%
12月1日1,199,782996,000120.5%348,901320,000109.0%
11月1日1,138,267981,000116.0%338,845315,000107.6%
10月1日1,146,408966,000118.7%322,728310,000104.1%
9月1日1,129,155951,000118.7%319,526305,000104.8%
8月1日1,134,626936,000121.2%309,535300,000103.2%
7月1日1,111,977921,000120.7%281,585295,00095.5%
6月1日1,109,900906,000122.5%289,957290,000100.0%
5月1日1,100,629891,000123.5%284,600285,00099.9%
4月1日1,069,066876,000122.0%288,193280,000102.9%
3月1日1,036,919861,000120.4%255,416275,00092.9%
2月1日998,898846,000118.1%262,846270,00097.4%
1月1日1,031,257831,000124.1%284,701265,000107.4%
12月1日1,026,640816,000125.8%298,221260,000114.7%
11月1日992,289801,000123.9%291,930255,000114.5%
10月1日962,751786,000122.5%261,192250,000104.5%
9月1日1,006,879771,000130.6%270,302245,000110.3%
8月4日1,069,059756,000141.4%298,593240,000124.4%
7月1日1,056,496741,000142.6%316,850235,000134.8%
6月1日1,064,763726,000146.7%322,971230,000140.4%
5月1日1,024,393711,000144.1%319,761225,000142.1%
4月1日1,011,916696,000145.4%285,112220,000129.6%
3月1日986,930681,000144.9%290,284215,000135.0%
2月1日959,821666,000144.1%276,397210,000131.6%
1月1日991,320651,000152.3%272,159205,000132.8%
12月1日954,373636,000150.1%276,556200,000138.3%
11月1日841,880621,000135.6%250,292195,000128.4%
10月1日813,952606,000134.3%249,005190,000131.1%
9月1日796,583591,000134.8%245,737185,000132.8%
8月1日759,420576,000131.8%234,663180,000130.4%
7月1日738,949561,000131.7%220,578175,000126.0%
6月1日708,825546,000129.8%213,106170,000125.4%
5月1日689,167531,000129.8%201,437165,000122.1%
4月1日659,704516,000127.8%190,639160,000119.1%
3月1日664,280501,000132.6%182,910155,000118.0%
2月1日640,457486,000131.8%173,357150,000115.6%
1月1日652,445471,000138.5%184,275145,000127.1%
12月1日612,664456,000134.4%176,672140,000126.2%
11月1日576,663441,000130.8%169,602135,000125.6%
10月1日556,595426,000130.7%156,174130,000120.1%
9月3日510,077411,000124.1%149,400125,000119.5%
8月1日491,639396,000124.2%138,975120,000115.8%
7月1日483,281381,000126.8%133,727115,000116.3%
6月1日484,985366,000132.5%141,402110,000128.5%
5月1日500,657351,000142.6%133,601105,000127.2%
4月1日455,527336,000135.6%123,244100,000123.2%
3月1日394,471321,000122.9%118,05395,000124.3%
2月1日368,301306,000120.4%113,54990,000126.2%
1月1日325,806291,000112.0%101,24185,000119.1%
12月1日289,396276,000104.9%86,75880,000108.4%
11月1日265,924261,000101.9%78,39275,000104.5%
10月2日244,348246,00099.3%72,33570,000103.3%
9月1日223,962231,00097.0%63,69965,00098.0%
8月1日206,137216,00095.4%58,31660,00097.2%
7月1日188,750201,00093.9%51,89655,00094.4%
6月1日170,180186,00091.5%46,18750,00092.4%
5月1日168,334171,00098.4%47,91645,000106.5%
4月1日156,061156,000100.0%44,37940,000110.9%
3月1日139,759141,00099.1%40,10435,000114.6%
2月1日124,735126,00099.0%31,01930,000103.4%
1月1日109,514111,00098.7%23,50125,00094.0%
12月2日94,09596,00098.0%19,67020,00098.4%
11月1日79,03681,00097.6%15,36715,000102.4%
10月1日64,19666,00097.3%8,21010,00082.1%
9月1日49,72951,00097.5%4,3835,00087.7%

2.シグナル結果
種類商品名3,6,12ヶ月
リターン順位
12ヶ月移動平均
売買シグナル
1ヶ月
リターン
日本株式ニッセイ日経平均インデックスファンド2 BUY0.3
日本債券日本債券インデックスe7 BUY0.0
日本REITニッセイJリートインデックスファンド8 SELL0.0
先進国株式ニッセイ外国株式インデックスファンド 3 BUY3.1
先進国債券ニッセイ外国債券インデックスファンド6 BUY1.2
外国REIT三井住友・DC外国リート・インデックスファンド 5 BUY2.1
新興国株式eMAXIS新興国株式インデックス1 BUY2.3
新興国債券iFree 新興国債券インデックス4 BUY2.6
※日本債券、新興国株式は購入ファンドは「投資コストが低いSBI証券のインデックスファンド(2017年版)」で紹介したファンドを購入していきますが、まだ1年分の基準価格がなく、数値の計算ができないので、以前の購入ファンドの数値で計算しております。

12月は日本株の勢いがやや衰え横ばい傾向となりましたが、外国株と新興国株の調子が良く、12月も損益率を伸ばし
「146.3%」
となりました。新興国株式の積み立て投資の方も144.1%なので結構拮抗しておりますね。

ちなみに上位3銘柄は先月同様の結果となりました。3,6,12ヶ月リターンが3位(16.5)と4位(6.4)でかなり大きく開いておりますので、しばらくは上位3銘柄は固定になりそうですね。

今年も順調に損益を伸ばしてくれればなと期待しております。また翌月状況をご報告させていただきたいと思います。


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 PC家電ブログへ
★ご協力お願いします★