2017年12月31日 (日) | Edit |
今回は年末恒例にしている
「我が家の2017年12月の資産状況」
についてご紹介させていただければと思います。
mf_201712.jpg
※マネーフォワードで計算しています。

以下がこれまでの推移になります。
年月総資産預金有価証券繰り上げ返済
2017年12月12,632,469円1,867,063円10,765,406円7,800,000円
2017年7月18,044,546円3,537,660円14,506,886円0円
2016年12月16,736,624円3,703,747円13,032,877円0円
2016年7月14,388,932円5,923,952円8,464,980円0円
2015年12月14,486,966円4,319,174円10,167,792円0円
2015年7月15,385,095円2,649,211円12,735,884円0円
2014年12月13,955,218円4,360,372円9,594,846円0円
2014年8月12,324,709円2,997,291円9,327,418円0円
2013年12月13,217,642円4,796,184円8,421,458円0円
2013年6月12,187,343円5,876,655円6,310,688円0円
2012年12月8,754,528円2,455,503円6,299,025円0円
2012年6月7,983,353円2,306,542円5,676,811円0円
2011年12月6,885,057円1,794,338円5,090,719円0円


この半年で、総資産は大きく減ったのですが、これは
「住宅ローンの繰り上げ返済をついに行いました!」
で紹介したように、この半年の間に繰り上げ返済を行ったことが理由です。

この繰り上げ返済額を考慮すると、これまでの総資産額は
「20,432,469円」
となり、この1年間で
「約370万の資産増加」
ができたということになります。

この辺の増加の背景にはまず第一には
「相場が非常に好調であった」
ということです。
「レラティブ・ストレングス投資・・・2017年12月運用状況」
の記事をご覧になっていただいてもおわかりの通り、2017年の間に損益率が
「125.4%から144.2%に大幅上昇」
しており、これが有価証券の上昇に結びついていると思います。
第2の要因が
「夫婦共々の収入が安定してきた」
事もあるかと思います。子供の年齢も少しずつ大きくなってきて、仕事に専念できる時間が増えてきたこともあり、夫婦共々数年前と比べると年収も増えてきており、その辺がこの1年の資産増にも影響しているのかなと思います。

2017年を振り返るとなんといっても
「嫁さんの住宅ローンの完済が予定通りできた」
ということが我が家の出来事としては大きかったなと思います。住宅ローンのことについては色々と記事にさせていただいておりまして、なんとか記事に書いたとおりきちんと事が運べたということに対しても少しほっとしています。

2018年になっても、何か私自身気になったことなどありましたら、色々と記事にしていって、少しでも皆様の参考になればと考えております。今後とも当ブログをよろしくお願いいたします。皆様よいお年をお迎えください。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 PC家電ブログへ
★ご協力お願いします★
2017年12月28日 (木) | Edit |
以前の住宅ローン関連の記事にて
「住宅ローンの最適な借り換え方について~僕の出した結論~」
でご紹介したように、2015年に借り換えを行いました。その際に
「私:10年固定」
「嫁:3年固定」

で借りておりました。

またこれも先述の記事で掲載しているのですが、
「2016年で嫁さんの住宅ローン控除は終了済み」
であることに加えて、来年の2月に
「嫁さんの固定金利期間が終了する」
ので、当初の予定通り、今年中に
「嫁さんの住宅ローンを繰り上げ返済」
することに致しました。

その繰り上げ返済金額ですが、
「10月に600万円」
「12月に180万円」


「合計780万円」
を返済して、嫁さんの借入残高はゼロになりました!

ちなみにこれまで繰り上げ返済をしなかったことで、運用損益はざっくり計算した結果
「約130%」
だったので、780万円のうち
「600万円は投資元本」
「180万は運用利益」

ということになります。

以前我が家の住宅ローンの紹介を
「我が家の住宅ローン返済状況」
で紹介したように、嫁さんは当初1,000万のローンを金利2.0%と2.8%で半々で借りていて、それを途中で金利0.7%に借り換えました。こうした状況を踏まえてこの10年間で支払った利息をざっくり計算した結果は
「約173万」
という結果となりました。
※ローン計算についてはフリーで配布されているエクセルファイルを利用させていただいております。

つまりは
「運用益が総利息額を上回る」
という結果になり、あくまで結果論ではありますが、
「住宅ローン節約術5~資産運用で住宅ローン総返済額を減らす~」
で記事にさせていただいたとおり、
「繰り上げ返済をしないで運用し続けたのは正解だった」
と言えるのではないかと思います。

これで今の住宅ローンの借入れ状況は、
「私の借入金の1,300万」
のみとなりました。そして私の住宅ローンですが、
「住宅ローン控除は2021年に終了(あと5年)」
「固定金利終了年は2025年(あと7年)」

ということで、目標としては
「2022年~2025年の間に完済」
できれば理想的な返済になるかと思います。いつ繰り上げ返済するかについては、その時の株式の状況などで判断していきたいと考えております。

何はともあれ、いまのところ住宅ローンの返済は計画通り順調にいっておりますので、今後も投資や節約を行いつつ完済に向けて頑張っていければと思っております。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 PC家電ブログへ
★ご協力お願いします★
2017年12月23日 (土) | Edit |
車の保有の有無についてのコスト比較については
「車無し生活によっていくらの節約になったのか」
「車なし生活を始めたことによって発生したコスト」

で紹介したのですが、今回はこの辺の話をまとめて、
「車の保有の有無によるメリット・デメリット」
をまとめてみたいと思います。

メリット
メリットは一つしかありません。それは
「経費が大きく削減できる」
ことです。実際に減った経費は
「年間で約28万円」
で増えた経費は大きく見積もって
「年間約5万円」
であったので、
「年間約23万円の節約」
になりました。さらにいえば
「車の購入費用も発生しなくなる」
ので、仮に200万の車を10年乗ったとしたら年間に換算すると20万円です。つまり経費の23万と併せて
「年間で43万の節約」
ということになります。これが20年続けば860万の経費削減ということになるので、やはり経費削減効果は相当大きいと思います。

デメリット
デメリットは色々あります。
1.送迎が大変になる
なんだかんだでかなりめんどくさくなりました。一番は子供の保育園の送迎です。これまでは車で行ってましたが、徒歩か自転車になりました。晴れてればいいのですが、雨だと相当大変です。ここはかなりこたえました。
2.買い物が大変になる
家の近くにスーパーがあればいいですが、無い場合は重い荷物を運ばなければならなくなります。ただこの点については我が家の場合は家の近くにスーパーがあるので、それほど困らなかったことと、楽天などの通販を活用することによって解決できる部分が大きかったので、そこまで大きなデメリットにはなりませんでした。
3.行動範囲が狭まる
遊びに行くにしても、車でないと行けないところはあまり行かなくなりました。そういった意味では遊びの選択肢も減ったと思います。ただ今のご時世車無しでいけるとこはいっぱいあるので、ここもなんとか我慢できる範囲でした。

ということでメリットは1つですが、そのメリットはかなり大きく、デメリットについては色々あるのですが、それをどのように受け止めるのかについては、それぞれのご家庭次第というところではないかと思います。

我が家の場合は自宅が結構駅に近くて、スーパーや病院も徒歩圏内なので、車がなくてもなんとかなるという環境が整っていました。なので色々と不便に感じることはありますが、経費削減効果の方が大きいと考えてますので、とりあえずは車無し生活を継続していきたいと考えております。

意外に車がなくてもなんとかなるかもしれませんので、ただ惰性的に車を持っている方がいらっしゃれば、一度車の保有をやめてみるということを実践してみるのもよろしいかと思います。金銭的にはオススメです!

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 PC家電ブログへ
★ご協力お願いします★