2017年09月28日 (木) | Edit |
前回の記事
「利用状況別のおすすめMVNO紹介(mineo,BICLOBE,UQ mobile)」
の最後で紹介しましたように、この度我が家の回線を
「mineoに変更」
することとしました。

今回は私と嫁さんの2回線分があれば良かったのですが、
「UQ Mobile 無制限プランを3ヶ月使ったレビュー(通信量編)」
で紹介したように、毎月の通信量が大体9GB前後になることを予想して
「3回線の契約にしました」
(なぜ3回線の契約がよいのかは「mineoは利用状況によっては複数回線契約の方が安い」をご参照ください。)
mineo_3kai.jpg

これによって我が家の毎月のMVNOの通信費がどうなったのか簡単にご紹介したいと思います。
【変更前】
変更前は
「私:UQmobile無制限プラン(1,980円)」
「嫁:DMMモバイル 1GBプラン(480円)」

でしたので、毎月の通信料金は
「2,460円」
でした。

【変更後】
変更後は
「mineoDプランの3GB(1,600円)を2回線」
「mineoAプランの3GB(1,510円)を1回線」

(mineoAプランの方が月額料金が安いので1つはAプランにしました)
契約したので、月額料金は
「大・大盤振る舞い12カ月900円割引キャンペーン」
「複数回線割引・家族割引(50円)」

を考慮すると
「1,860円」
となりました。これだけでも以前の料金と比較しても600円安くなってます。

さらに、これに加えて
「倍増!紹介キャンペーン」

「合計10,000円のキャッシュバック」
が得られます。
(2回線目以降は名義を別にすることでキャッシュバックをダブルで受け取れるので「2,000円+4,000円+4,000円=10,000円」となる)


SIM購入に費やした費用が
「1枚目(940円)」
(ヨドバシは9/28現在なんと550円になってます)
「2,3枚目(495円×2)」
(Amazonは9/28現在なんと495円になってます)
合計1,930円に加えてSIMカード準備料が
「Dプラン分:850円(425円×2)」
「Aプラン分:438円」

合計1,288円がかかったため、
「合計3,218円の費用」
が発生しておりますので実際は
「10,000-3,218=6,782円」
のプラスになるのですが、これを12ヶ月で割って税別金額に直すと
「約523円」
となるので、実際の月々の料金は
「1,860-523=1,337円(税別)」
とかなり安くなりました!

実際9GBでは足りなくなった場合パケットギフトを購入することもあるので、実際のコストはこれよりも高くなる可能性もありますが、それでも以前の料金に比べればかなり安く出来たかと思います。

900円割引キャンペーンが12ヶ月有効なので、1年後にはまた何かのキャンペーンに乗っからなくてはこの料金は維持できないのですが、最低1年間はこの料金でいけますのでかなり満足しております。

また色々なページに既にリンクを貼らせていただいているのですが
「こちら」
から申し込んでいただくと私が紹介者になりますので、1回線目の紹介者がもしいらっしゃらない場合はご活用いただけるとうれしいです。

今後はmineoに変更した後の通信量の変化や今回AプランとDプランのSIMを両方手に入れることができましたので、プラン別の速度の違いなどご紹介できればと考えておりますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。




ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 PC家電ブログへ
★ご協力お願いします★
2017年09月27日 (水) | Edit |
今回の記事はこれまでの内容を踏まえまして、
「利用状況別のおすすめMVNOを紹介」
していきたいと思います。現状のキャンペーンなどを考慮すると候補は
「mineo」
「BICLOBE SIM」
「UQ mobile 無制限プラン」

の3つに絞られるかと思いますので、この3つの中で利用状況に応じたおすすめのMVNOを紹介していきたいと思います。

1.UQ mobile 無制限プラン
UQ mobile 無制限プランがオススメの方は
「一人あたり月12GB以上使用する方」
です。その根拠については
「実質料金でのBIGLOBEとmineoとUQ Mobileの3社の料金比較」
「複数台契約する場合のBIGLOBEとmineoとUQ mobileのコスト比較」

に書かれているとおりです。ちなみに私は
「UQ Mobile 無制限プランを3ヶ月使ったレビュー(通信量編)」
で紹介したように1ヶ月12GBも通信量を使ってなかったので、私はオススメの方には該当しません。

2.BIGLOBE SIM
BIGLOBE SIMがオススメの方は
「データを回線同士でシェアしない」
「1ヶ月の利用通信量が6GB程度」

の方がオススメです。その根拠については
「BICLOBE SIMのキャンペーンを活用した実質料金」
「mineoは利用状況によっては複数回線契約の方が安い」

をご覧になっていただければわかるのですが、1回線での契約で6GBまでの契約であれば
「1ヶ月の実質料金が815円」
なので、最安になります。

またBICLOBE SIMの他の利点は
「エンタメフリーオプションがある」
「端末購入を併せて行う場合はキャッシュバックが増額される」

のでYouTubeやAbemaTVをガンガン見る方や端末購入を併せてお考えになっている方にとってもBICLOBE SIMはオススメの選択肢になってくると思います。ちなみに私はDAZNがエンタメフリーに入っていればコチラにしていたと思いますが、まだ入ってないので選択しませんでした。

3.mineo
mineoがオススメの方は
「データを何人かでシェアしたい」
「1ヶ月の通信量が一人平均で10GB程度」

の方がオススメとなります。その根拠については
「複数台契約する場合のBIGLOBEとmineoとUQ mobileのコスト比較」
「mineoは利用状況によっては複数回線契約の方が安い」

にあるとおりです。

またmineoのメリットはパケットギフトの購入によって必要な通信量を調整しやすいので
「毎月の通信量の変動幅が大きい方」
もオススメになります。

ちなみに私は嫁とパケットを共有したいのと毎月の通信量が5~8GBであったことから
「UQ mobileからmineoに契約変更」
するしました。

次回以降この辺のことについてご紹介していきたいと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 PC家電ブログへ
★ご協力お願いします★
2017年09月26日 (火) | Edit |
前回の記事
「複数台契約する場合のBIGLOBEとmineoのコスト比較」
では複数回線を契約する場合はBIGLOBEよりもmineoの方がお得になるケースが多いということをご説明いたしました。

しかしこのmineoですが、通信量によっては
「あえて複数回線契約した方が安くなる」
場合があるのです。

それをわかりやすくした表が以下になります。
使用GB数1回線2回線3回線4回線最安回線数
3651 848 1,095 1,342 1
4821 948 1,095 1,342 1
5991 1,048 1,295 1,462 2
61,161 1,048 1,295 1,562 2
71,331 1,218 1,395 1,562 2
81,501 1,388 1,495 1,762 2
91,671 1,558 1,495 1,762 3
101,841 1,728 1,665 1,862 3
112,011 1,898 1,835 1,942 3
122,181 2,068 2,005 1,942 4
132,351 2,238 2,175 2,112 4
142,521 2,408 2,345 2,282 4
152,691 2,578 2,515 2,452 4
162,861 2,748 2,685 2,622 4
173,031 2,918 2,855 2,792 4
183,201 3,088 3,025 2,962 4
193,371 3,258 3,195 3,132 4
203,541 3,428 3,365 3,302 4
※5回線以上の方が安くなる可能性もありますが今回は割愛させていただきました。

このように
「自分が使用する通信量÷3GB」
※小数点以下切り捨て
の分の回線契約を行った場合が最安値になります。

ただこの前提として
「2回線目以降のキャッシュバックを2重で受け取っている」
事が条件なので、名義が2人分最低必要になってくることについてはご了承いただければと思います。

さて次回は今までの結果を簡単に総括してまとめていきたいと思います。



ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 PC家電ブログへ
★ご協力お願いします★