2017年08月23日 (水) | Edit |
以前
「【悲報】漢方スタイルクラブカードがついに終了に・・・」
にて漢方スタイルクラブカードが2018年3月をもって終了するということをご報告させていただきました。

そしてその後は「Reader's Card」というクレジットカードに切り替えがされるのですが、このカードの還元率は
「約1.26%(1.257143・・・)」
と下がってしまいます。

2018年の3月から自動的にカードの切り替えがされるのですが、その際
「漢方スタイルクラブポイントはReader's Cardポイントに変換」
され、その交換レートが
「5倍」
になります。

ここで今Jデポに交換するパターンと、Reader's Cardに変わってからポイント交換するパターンで比較をしてみたいと思います。

(1)漢方スタイルクラブカードの時Jデポに交換する場合
現状は
「漢方スタイルクラブポイント300ptで1500円」
になるので、
「1ポイントあたり5円」
になります。

(2)Reader's Cardに切り替わってからJデポに交換する場合
Reader's Cardは
「3,500リーダーズポイントで4,000円」
になります。そして
「1漢方ポイントは5リーダーズポイント」
になるので、切り替え後は
「漢方スタイルクラブポイント700ptで4000円」
になります。つまり
「1ポイントあたり5.71円」
になります。

というわけで、Jデポに交換する場合ですが、今ポイント交換するよりも
「Reader's Cardになってから交換した方がお得」
になります。上で説明したとおり
「交換レートが1.14倍(5.71÷5)になる」
ので、今ポイントをためるだけためて、Reader's Cardに切り替わってからポイント交換すれば
「実質の還元率は1.71%(1.5%×1.14)」
になります。

というわけでReader's Cardに切り替わってからポイント交換をすることで
「漢方スタイルクラブカードが1.71%の還元率」
になりますので、とりあえずはポイント交換は我慢して、Reader's Cardに切り替わるのを待ってから交換した方が良いと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 PC家電ブログへ
★ご協力お願いします★
2017年08月11日 (金) | Edit |
前回の記事
「UQ Mobile 無制限プランを3ヶ月使ったレビュー(通信量編)」
では、UQ Mobile 無制限プランを3ヶ月使った際の毎月の通信量についてご紹介させていただきました。

今回は、UQ Mobile 無制限プランで視聴した際の
「動画視聴時の通信量」
についてもう少し掘り下げて説明していきたいと思います。

前回の記事の最後で、UQ Mobile 無制限プランは
「低速度ゆえに通信量も少なくなる」
と説明いたしました。そこで今回はUQ Mobile 無制限プランで視聴した場合と、Wi-Fiなどの高速通信の環境で視聴した場合の通信量の違いについて紹介させていただきたいと思います。

1.YouTube
(1)UQ Mobile 無制限プラン
UQ Mobile 無制限プランの場合は基本的には240pでの再生で安定化します。この画質の場合、実測した結果
「1時間あたり120MBの通信量」
になりました。
(2)Wi-Fi
Wi-Fiや速度制限のないLTEの場合は最低でも480p程度の画質で再生されると思います。この画質の場合(1)で見た動画と同じものを再生させると
「1時間あたり420MBの通信量」
となりました。

2.DAZN
DAZNは画質を手動で指定できないので、画質レベルが具体的にどのようになっているのかわからないのですが、通信速度を基に自動で画質が調整されます。
(1)UQ Mobile 無制限プラン
UQ Mobile 無制限プランの場合は、実測した結果
「1時間あたり140MBの通信量」
になりました。
(2)Wi-Fi
Wi-Fiiで再生させると
「1時間あたり1.2GBの通信量」
となりました。

このように低速度で視聴した場合は通信量が
「YouTubeは約3割」
「DAZNは約1割」

にまで通信量が減ります。

YouTubeはまだ自分で画質を指定できるので、高速回線を使用していても画質を下げることで通信量を自分で抑えることができますが、DAZNの場合は、通信速度によって自動で画質が決まってしまうので、自分で通信量を抑えることができません。

なので、今回UQ Mobile 無制限プランでは毎月の通信量が5~8GB程度とやや少ない通信量でしたが、これが速度制限のないプランに変更すると
「動画視聴分の通信量が3~10倍になってしまう」
ので、毎月の通信量は以下の表のように変わってしまっているかもしれません。

総データ使用量アプリ別
ブラウザYoutubeテザリングDAZN
5月12.24GB2.08GB6.83GB1.16GB8.74GB
6月10.33GB1.87GB6.48GB865MB2.48GB
7月9.96GB2.65GB5.53GB487MB94MB
※測定した通信量をもとにYouTubeとDAZNの通信量を計算しました。

このように10GBを少し超えてしまうようになるので、容量制限プランの場合は
「毎月15GBのプランに入らないと通信量をまかなえない」
可能性があります。そうなるとMVNOであったとしても
「毎月の通信料金が約3,000円」
かかることになるので、そういった意味ではUQ Mobile 無制限プランは速度は遅いのですが、コストパフォーマンスはかなり高いと思います。

さて次回は
「UQ Mobile 無制限プランから乗り換えるとしたらどこにするのがよいか」
について考えてみたいと思います。


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 PC家電ブログへ
★ご協力お願いします★
2017年08月08日 (火) | Edit |
これまでUQ Mobile 無制限プランについては当ブログにて何回か記事にさせていただいているのですが、今回は
「3ヶ月間使用した際の通信量」
についてご紹介させていただければと思います。

3ヶ月使用した際の通信量と主要アプリ別の通信量を表にまとめてみました。
総データ使用量アプリ別
ブラウザYoutubeテザリングDAZN
5月7.37GB2.08GB1.95GB1.16GB1.02GB
6月5.71GB1.87GB1.85GB865MB289MB
7月6.01GB2.65GB1.58GB487MB11MB

このように
「毎月の通信量は5~8GB程度」
でありました。

またアプリ別に見ると
「ブラウザが2GB~3GB」
「動画視聴が1.5G~3GB」

ブラウザ視聴と動画視聴が約半々になったという結果でした。

この結果だけを見ると
「無制限プランではなく他社の10GBプランを契約した方が速度的にもよいのでは?」
と考える方も少なくないと思います。

ですが、これはおそらく無制限プランだからこそこの通信量で収まっていると思います。その理由が
「低速度ゆえに通信量も少なくなる」
ということです。

逆に言い換えると
「速度制限がなければ通信量はもっと多くなっていた」
可能性があるということです。

次回はその検証としてUQ Mobile 無制限プランの
「動画視聴時の通信量」
についてもう少し詳しく説明していきたいと思います。


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 PC家電ブログへ
★ご協力お願いします★