2017年01月31日 (火) | Edit |
前回
「簡易留守録(伝言メモ)機能の無いスマホで留守録機能を付ける方法」
にてZenfone3などの簡易留守録機能のないスマホではSMARTalkを利用することによって留守録機能を付けることが出来ることをご紹介いたしました。

今回はこのSMARTalkを用いて留守録機能を追加した場合のメリットとデメリットについてご説明したいと思います。

【メリット】
ドコモの留守番電話サービスと違って月額300円がかからない
 留守番電話に録音してくれる人って月に何人もいないのでこれに毎月300円払わなくて良いのはかなりのメリットだと思います。

・簡易留守録(伝言メモ)と違って圏外先でも留守録機能が使える。
ドコモの留守番電話サービスの携帯が電波の届かない位置にいたり、電源が入っていないは録音案内をしてくれますが、簡易留守録の場合は録音案内がされません。しかしSMARTalkを使った方法の場合は圏外や電源が入っていないとドコモの転送サービスが即時にSMARTalkへ転送するため、録音が可能になります。

【デメリット】
・通話料金が発生する
ドコモの転送サービスによってSMARTalkに転送された場合、転送された時点で携帯の通話料金が発生します。通話料金はタイプSSバリューの場合は30秒20円かかりますので、月に15回転送されてしまうとその時点で転送料金が300円になってしまいます。しかも1回の録音で30秒を超えると、30秒ごとに20円が発生してしまいます。なので保留にする回数が多い人は300円を支払ってドコモの留守番電話サービスを利用した方が安くなる場合があります。ちなみに私の場合は留守録に繋がることは月に15回もないですし、
「ドコモの無料通話料金が余っている」
ので、仮に転送回数が多くなっても、無料通話分から引かれるだけなので、特に問題はないと思っています。

以上、SMARTalkを用いて留守録機能を追加した場合のメリットとデメリットをご紹介いたしましたが、おそらくですがほとんどの人はドコモの留守番電話サービスを契約するよりはお得になると思います。

またこの方法を使えば簡易留守録機能と違って圏外の場合でも留守録案内をしてくれるので、スマホに簡易留守録機能(伝言メモ機能)がある人も、SMARTalkによる留守録機能と併用することで通話料を抑えつつ、圏外先でも留守録機能を使用することが出来ますので、導入のメリットはあると思います。

私もこの方法でZenfone3に留守録機能を追加しました。SMARTalk自体は転送だけするのであれば、料金が発生しないので、やってみるのは損ではないと思います。ご興味のある方は設定してみることをオススメいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 PC家電ブログへ
★ご協力お願いします★
2017年01月29日 (日) | Edit |
私が先日購入したZenfone3
「簡易留守録機能(伝言メモ)がない機種」
になります。

ガラケーや国内産スマホであれば基本的には伝言メモは元々付いている機能なのですが、Zenfone3などの海外産スマホの場合はこの当たり前の機能がついていないこともあります。

こうした場合はドコモのSIMを使っている場合は、
「留守番電話サービス」
を契約すれば、スマホ自体に留守録機能が無くても、留守録を行うことが出来るのですが、このサービスは
「月300円かかる」
ので、留守番電話が活用される機会なんてほとんどないのに300円を払うのは馬鹿らしいなと思っておりました。

そんな中色々と調べてみると
「SMARTalkを使えば留守録機能が使用可能になる」
ということが判明しましたので、今回はこの設定方法をご紹介いたします。

まずこの方法を行うには当然のことながら
「SMARTalkに登録して電話番号を発行してもらう」
必要があるので、アカウントをお持ちでない方はSMARTalkホームページから申し込みを行ってください。

以下具体的な手順になります。
1.ドコモの転送でんわサービスで転送先をSMARTalkの電話番号にする
まず転送でんわサービスを申し込んでない方はコチラのページから申し込みをしてください。このサービスは月額0円なので、安心して申し込んでください。
その後「操作設定方法」を参照して
・転送先電話番号の登録
・転送でんわサービスの開始
・呼出時間の設定
・ガイダンスの有・無設定

を行います。呼び出し時間は私は20秒で設定しました。またガイダンスは有りにすると「この電話を転送します」と案内が行われてしまうので、本来の留守録機能と同じような挙動にするために無しにします。

2.SMARTalkの留守録設定を行う
SMARTalkのマイページから
「各種設定」→「着信転送/留守番電話設定」と進みます。
smart_01.jpg
そこで「留守番電話設定」にチェックを入れ
・呼び出し時間を即時
・着信メール通知 + 録音データファイルの添付

とします。
smart_02.jpg

これにて設定は完了です。この設定を行うと
「呼び出し後、20秒後にSMARTalkへ転送」
「即時に留守番電話の音声案内がされる」
「メールにて着信先電話番号と録音内容が送信される」

ようになります。

これで簡易留守録機能(伝言メモ)が搭載されていないスマホでも留守録機能が使えるようになります。
さて次回はこの留守録機能を使用する際のメリット・デメリットについてご説明したいと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 PC家電ブログへ
★ご協力お願いします★
2017年01月27日 (金) | Edit |
これまで確定拠出年金について
「個人型確定拠出年金と個人年金どちらが税制面で得か(まとめ)」
でまとめたように税制面での優位性をご紹介してきました。

今回は
「どの金融機関で確定拠出年金を行うのが得か」
についてご説明したいと思います。

金融機関選定のポイントは
「手数料が安いこと」
「取り扱い投信の信託報酬が低いこと」

の2点になります。

それぞれのポイントからおすすめの金融機関を探してみたいと思います。

1.手数料が安い
今現在手数料が最も安い金融機関は
「スルガ銀行(毎月積み立てるか資産50万以上)」
「楽天証券(資産10万以上)」
「SBI証券(資産50万以上)」

の3社で手数料は毎月167円です。

この中でSBI証券は資産50万以上という条件が絶対条件なので、毎月12,000円ずつ積み立てたとしても、手数料が最安になるのは
「42ヶ月(3年半)」
かかってしまいます。

また楽天証券ですが、口座管理手数料が無料になる資産10万にするには9ヶ月かかりますが
「2017年末まで口座管理手数料が無料」
のキャンペーンを行っているので、
「4月から毎月12,000円を積み立てれば実質無料」
になります。

またスルガ銀行については、毎月積み立てていれば口座管理手数料が無料なので文句なしに手数料最安です。

2.投信の信託報酬が低い
1てご説明した、手数料が安い金融機関の
「スルガ銀行」
「楽天証券」
「SBI証券」

の投信ラインアップのうち、最も平均的に信託報酬が低いのは
「SBI証券」
です。次に安いのは
「楽天証券」
になります。しかしこの2社については若干の違いはあるのですが
「信託報酬はほとんど変わらない」
といえると思います。しかし
「スルガ銀行の信託報酬は明らかに高い」
ので、手数料が低いといえどもオススメはできません。

以上の2つのポイントからおすすめの金融機関は
「楽天証券」
になります。次点で
「SBI証券」
になります。

また数年後にどうするかということですが、仮に
「SBI証券の方の投信ラインアップが楽天証券よりも明らかに魅力的」
になったとすると、
「資産50万になった次点で楽天からSBIに運営機関を変更」
すれば手数料を抑えつつSBI証券での運用が可能です。ただ運営機関変更は手数料もかかるので現状のラインアップの状況では楽天証券のままで良いと思います。

以上確定拠出年金を行うおすすめの金融機関をご紹介いたしました。
ちなみに私は今現在楽天証券に確定拠出年金の資料を請求しているところなので、また手続きが始まりましたら記事にしていきたいと思いますので、そのときはまたよろしくお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 PC家電ブログへ
★ご協力お願いします★